完遂記念!ナナが選ぶ湘南海岸ベスト海ドボンスポット!

【ナレーション】(※BGM
 “海ドボン神姫”。波濤と、潮風と、トンビの跋扈する海にあえてドボンする武装神姫。
 巨大な海に立ち向かう、湘南海ドボン神姫・ナナ。今日、彼女を待ち受ける海は、果たしてどこか…?

IMGPD2608.jpg
 「はぁーい、ナナです!」「ごきげんよう。キャロです」「ローゼだ。で、今回もまたやるのか」
 「うん、もちろん!こないだ、無事タッチダウンした“真・湘南海ドボン制覇計画”!そこで、あたしがトライしたすべての海岸からベスト10を選んで発表しちゃおう!っていうのが、今回のお話なの!」
 「今年4月末から6月末までの間、お姉ちゃんがドボンした場所は、大小あわせて23箇所。そのうち、昨年もトライした油壷森戸海岸を除いて、合計21箇所が今回の対象ですね」
 「随分早かったな。去年は10月ギリギリまで掛かっていた筈だが」「あー。去年はお天気の問題で6月中に済ませられなかったんだよねぇ。こればっかりはしょうがないっ」
 「そうだったな。それに、去年に比べて随分数が減った」
 公式見解によりますと、去年制覇した三浦半島も湘南に含むという事ですので、相模湾に面した西岸を含めば40箇所、全域を合わせれば61箇所にも及びます」
 「そうか。改めて見ると、とんでもない数だが……これからは増えないのか?」「これから先?基本的にはね。どっちかっていうと、これは“理想の海を探し出すための企画”だから!」
 「まずはひととおり足を運んで感触を掴んでおいて、1箇所を1日がかりで本格的にやるのはそこからという事ですね」
 「うん。最高の海で最高のドボンを!って感じでね☆」「そういう事か。了解した」
 「なお今回、ランキングには各所の風景画像を使用しました。お姉ちゃんの海ドボンについては、各ランクの日程記録にリンクを付けてありますので、その先でご覧下さいね」
 「って訳で、早速いってみようー!」
.

            (※BGMチェンジ/しばらくリピートで※)

第10位 片瀬東浜 トライ日程:5/27(第5回)
IMGPE4363.jpg
 「関東屈指の観光地・江ノ島を戴く片瀬東浜が、今回の第10位となりました」
 「片瀬海岸は江ノ島を境にして東浜と西浜に分けられるんだけど、西浜はどっちかといえばサーファー向きなんだよねえ」
 「人間にとって波が高いという事は、ボクら神姫にとっては大津波。言うまでもないな」
 「その点、ここはご覧の通り。波がとても静かですから、海水浴場になっているのも道理です」
 「そうだね~。ただ、ここは江ノ島とか腰越から来るトンビがねぇー……」
 「奴らさえいなければいいんだな。よし(チャキ)」「ローゼちゃん、ストップストップ(^^;」
 「『孤独のグルメ』原作でも五郎さんがやらかしています(※)が、皆さんは間違ってもトンビに餌をあげたりしてはいけませんよ」
 (※第1巻第9話「神奈川県藤沢市江ノ島の江ノ島丼」にて)

第9位 国府津海岸 トライ日程:5/20(第3回)
IMGPE3905.jpg
 「ここが第9位か。理由は何だ?」
 「あるアニメの聖地と言う事は全然関係なくて、ひとつはアクセスのしやすさですね。国府津駅から殆ど離れていなくて、徒歩でも楽に行ける割に、訪れる人が少なめなんです」
 「そりゃあすぐ後ろは西湘バイパスだし、養浜されまくってるからね。海の仲間がほとんど近付いてこないのも、仕方ないよ」
 「そのせいでしょうか。波打ち際に、少々高低差があるように感じられました」
 「ドボンできたのはナナだからであって、実際浜遊びにはあまり向かない場所って事か」
 「それでも、基本的には散歩の人とか釣り客くらいしかいないから、海を眺めて過ごすには充分なんじゃないかな!」

第8位 菱沼海岸“ヘッドランド” トライ日程:4/30(第1回)
IMGPE2782.jpg
 「茅ヶ崎のマリンレジャースポット、ヘッドランドが第8位だよ!」
 「隣のサザンビーチが賑わい易い分、こちらはどちらかといえば釣りスポットという感じですね」
 「とはいえ、いちおう海水浴場でもあるのだな。やや波が高めなのだけは気になるが」
 「突堤の近くを離れなければ、そこはたいした問題にならないからOK!」
 「その突堤なんだが、積み石の隙間が存外広いので、ボクらの場合は転落しないように気をつける事だ」
 「わたし達では二度と上がって来れませんからね。流石にそこは、マスターの皆さんが気をつけるべきところだと思います」

第7位 真鶴岬“名勝三ツ石” トライ日程:6/17(第6回)
IMGPE5579.jpg
 「名勝“三ツ石”を臨み、三浦・伊豆両半島を見渡す事が出来る真鶴岬は、第7位にランクインです」
 「真鶴最大の観光スポット、か……確かに、結構人は多めな感じだったが」
 「一見遊び易いようなんだけど、意外とゴロ石が多くて、あたし達の大きさだと後ろの海が見えづらいんだよねぇ」
 「今回は選外になった根府川片浦海岸でもみられた特徴です。マスターの皆さんは、石に足を取られて転んで怪我をしないよう気をつけてくださいね」
 「パーツの脱落にも注意だな。石の間に入り込まれては目も当てられない事になる」
 「ただ、ここの近くにはケープ真鶴という休憩施設や、相模湾を一望できる喫茶店もありますから、雰囲気のよさは群を抜いていますね」
 「今度は潮が引ききってる時に行って、三ツ石まで到達してみたいもんだね!」

第6位 茅ヶ崎漁港海岸公園“サザンビーチ” トライ日程:第1回(4/30)
IMGPE2622.jpg
 「きらきらと砂が輝く浜、サザンビーチは第6位!」
 「程良い広さを持っている事と、近傍にある漁港設備の恩恵で波がとても静かな事が、ランクインの理由……か」
 「少し歩けば雰囲気のいい海の家や、漁師さんのお店もありますね。流石に、サザンの名前を冠しているだけの事はあります」
 「ただ、ここもちょっとトンビの性質が悪いんだよねぇ~…江ノ島や鎌倉ほどには多くないんだけど(^^;」
 「そうですね。それと、当然ながら夏場は海水浴場になりますので、人の密度的変動も非常に激しくなります」
 「いずれにしても観光スポットの宿命、というやつか……」

第5位 湘南大橋西岸“湘南ベルマーレひらつかビーチパーク” トライ日程:5/21(第4回)
IMGPE4322.jpg
 「ここが第5位か……見た感じは、普通に若者向け海水浴場のようだったが?」
 「うん。でもその分環境面では申し分ないし、帰りがけに軽く食事っていう事もできるんだよねぇ」
 「波打ち際までのアクセスは少し遠めですが、その分雰囲気はいくらか落ち着いた感じでした」
 「……平塚まで来ると、トンビの数もかなり減ってくるな。あまり空を警戒しなくてよくなった」
 「そうそう。それに、ここには消波ブロックが沖合いにあるから、打ち寄せる波が比較的静かなんだよ!」
 「といっても、油断は禁物だぞ。ナナ」「わかってる、わかってる」

第4位 真鶴・番場浦 トライ日程:6/17(第6回)
IMGPE5536.jpg
 「真鶴岬から少し内陸、この画像でも中央当たりに見える、嘗ての石切り場跡が圧巻な番場浦が第4位です」
 「ここからは伊豆半島側の海が良く見えるな。以前皆で行った初島もだ」
 「その頃わたしはまだ起動してなかったんですよね……一度でいいから行ってみたいです」
 「あたしはその先の伊豆大島へ行ってみたいんだよねー。あっちの海でもドボンしたい!」
 「……話題がずれてるぞ……」
 「あぁゴメンゴメン(笑) さて番場浦なんだけど、注意点は第7位の真鶴岬と同じだね。ゴロ石が多くってさ」
 「各種設備へのアクセスも真鶴岬と同様だが、ここからだとやや距離がある事にだけは気をつけないとな」
 「遊歩道が整備されていますから、荒崎のように浜伝いで岩場を歩いていかなくても別によいのですけど、それでも高低差はありますので、どちらにしても健脚の方向けですね」
 「だな……では、ここからはベスト3の発表だ」

IMGP2553.jpg (ドラムロール by ゾゴ代)




第3位 真鶴・琴ヶ浜! トライ日程:6/17(第6回)
IMGPE5450.jpg
 「日本のスキューバダイビング発祥の地、夜光虫の海としても知られる琴ヶ浜が第3位にランクインしました」
 「ここ、どことなく三浦の海を思い出しちゃうんだよねぇ」
 「確かに。“トンビのいない荒崎”っていう表現がぴったりですね」
 「荒崎にしてはちょっと狭いから、“ぷち荒崎”って事でどうかな(笑)」
 「そういえばあちらもスキューバのメッカでしたね……設備が比較的整っていたり、人が多めなのもどことなく似ています。本当にトンビがいないだけで」
 「それだけでも、ボク的には十分なんだがな……」
 「じゃ、第2位いってみようかぁ!」

IMGPD2623.jpg (ドラムロール by 響鬼さん)




第2位 小田原・御幸ノ浜~山王海岸!! トライ日程:5/20(第3回)
IMGPE3671.jpg
 「小田原城から徒歩5分!御幸ノ浜&山王海岸が第2位でーす!」
 「この近さにしては人がいないのには少しだけ驚いたが……海水浴場でもあるとの事だから、シーズン中はもっと人が多いのだろうな」
 「最低限の施設が常設されていますが、海水浴場としては少々手狭かもしれませんね」
 「山王海岸の方まで歩いていけばもっと静かなんだろうけど、あっちはちょっと波が高くなるんだよね。国府津くらいには」
 「養浜事業の砂利浜が広がっているのは、この界隈ではもう仕方のない事かと」
 「すると、もう少しだけ砂浜に奥行きがあれば、トップを取れたかもしれないのか」
 「そうなると今度は人が多くなりやすいから、難しいもんだねぇ」
 「そうですね。それでは、いよいよ第1位の発表です」

IMGPD2618.jpg (ドラムロール by ルミネ)




第1位 小田原・酒匂海岸!!! トライ日程:5/21(第4回)
IMGPE4063.jpg
 「酒匂川河口こと酒匂海岸が、今回栄光の第1位となりました」
 「ここはとーーーーーーーっても広くてね~。人出はそれなりなんだけど、面積でどうとでもなっちゃう感じだったよ」
 「公共交通機関ではやや足を運びづらい場所だが、西湘バイパスから直接アクセスできたり、近くに深夜まで営業しているスーパーマーケットがあったりするのもポイントだな」
 「意外な事に、ここは海水浴場には指定されていないのです。スペースだけは必要充分すぎるくらいなのですけどね」
 「そうだな。外海に面しているからか、波の高さはそれなりだが、湘南では珍しく広々と開けた場所である上リーズナブルな部分が、部長的には好感度が高かった様だ」
 「他で似たような条件の揃った場所といえば、本当でしたら大磯とかなのですけどね」
 「あとね、この砂利浜っていうのが結構立ち回りやすかったんだよね。というのも、砂浜だと関節に砂が入り込みやすいし、さっきもちょっと言ったけどゴロ石浜だと、却って足元が不安定でね」
 「そういう意味での総合トップか。なるほど、納得だ」


                 (※再びBGMチェンジ※)
IMGPD2615.jpg
 「という訳でお送りして来ました、“湘南海岸ベスト海ドボンスポット”いかがでしたでしょうか」
 「どれも魅力的な海ばかり!あたしやマスターじゃなくても、ついつい遊びに行きたくなっちゃうかもね!」
 「だな。ただ、ひとつ注意しなければならないのは、今回のベスト10は我々が訪れたその時の印象から、独断と偏見で選ばれている、って事だ」
 「改めて言うまでもないかもだけど、海の状況は毎日どんどん変わるから、もしみんなが行くつもりなら“とりあえずの参考程度”って事で、覚えておいて貰えると嬉しいな!」

 「最後に、ここまで読んでくださった皆様にプレゼントのお知らせです」
wp_ss2017_sp.jpg
 「本作戦の完遂を記念して、今回ご紹介してきたベスト10海岸を舞台に繰り広げられた、お姉ちゃんのベスト海ドボン画像を纏めて壁紙にしてみました」
 「PC専用で1600×12001280×9601024×768の各サイズから選べるようになっている。スマホについては、部長が“持って無いから知らん”との事だ」
 「これであたしの海ドボンメモリーに、偉大な一歩が刻まれたぁー!」

 意地と度胸の大勝負。キメて大空ふり見れば、思い出海の数々に 駆けた嵐と夢の跡。
 Be happy, good luck! また行く旅は青春の 明日にかかる海ドボン。

IMGPE4150.jpg
     ~BUSOUSHINKI SHONAN SEA-SPLASH! PROJECT 2017~
           -FIN…?

                                   ……だが 海ドボンは 続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR