ナナの西湘攻略作戦②国府津海岸、地味なれど底深し

IMGPE3899.jpg
「こーうーづー!きたぁーーー!!」
 さてさて今回は、タイトルにも記しました作戦中より5/20行動分、国府津海岸での海ドボン作戦についてお話いたしましょう。

 「国府津」とはそもそも律令制の頃、大磯西部にあった相模国府の港として機能していた事にちなんだ地名。
 明治以後は、当時御殿場を回っていた東海道旧線(現在の御殿場線。現東海道線は小田原~熱海回り)の重要拠点として「鉄道唱歌」にも歌われる程であり、また湘南界隈の例に漏れず大隈重信・徳川慶喜・西園寺公望ら名士たちの別荘が置かれていました。
 大正期に頻発した大災害を始めとする時の流れの中でその殆どは失われ、今ではすっかり隣接する小田原・大磯といった各地の陰に隠れた地味な場所となってしまいました。
IMGPE3904.jpg
 で、その海も……「むーん、なんだこれー…」と、西湘バイパスが上を通っているため、著しく景観を損ねる格好に。加えて、最近高波対策として嵩上げされた護岸が、海沿いの雰囲気を更に殺風景なものとしています。
 ただ、駅から海へのアクセス自体は非常に良好で、その昔の繁栄振りを僅かながらに偲ばせていました。駐輪場に至っては、駅そばに露天ながら良い場所が。

IMGPE3905.jpgIMGPE3906.jpg
IMGPE3910.jpg
 そして、その「地味さ」のお陰で、人気も少なくまったりとした海。ここ……駅前なんだぜ……
 という訳でやっぱり往きます、ナナ=シュメッターリング!!
.

IMGPE3911.jpg 「そぉーれっ……」
IMGPE3918.jpg 「どぼぉーーーんっ!!」

IMGPE3919.jpg
「よっしゃラッキー!!」 と、これが今回の奇跡の1枚。
 派手に海水被っても大丈夫、流石はWG-3

IMGPE3931.jpg
IMGPE3922.jpgIMGPE3926.jpg
IMGPE3936.jpg
 トンビの姿もない砂浜というより砂利浜は打ち寄せる波だけしかないせいか、人気は釣り人などごく僅か。
 あったのは、流木1本きり。もの静かというより、寧ろうら寂しい風情です。

IMGPE3952.jpg
 「おお、にゃーくんってばやってるれすにぇ!」
 「レイカル……キミは行かないのか?」「冗談じゃない、あんなのあいつ以外じゃ無理だ」
 「ああいうところ、ほんとお姉ちゃんらしいですね……」
 小さな仲間達、遠巻きに見守り気味。

IMGPE3958.jpg
 「やー、楽しかったぁー!!」と、ナナはご満悦。しかし……
 画像からはわかりにくいですが、実際の波打ち際はちょい危険な感じ。実はこれ、波の高さよりも砂利浜が落ち込むようにして大きく抉れているせいなのです。
 高度経済成長期の乱開発以後、湘南一帯の砂浜面積は減少ぶりに歯止めが掛からなくなり、ここ数年は消波ブロックを積み石砂を流し込む「養浜」と呼ばれる工事がちょくちょく継続されてはいるものの、大いなる自然相手にはいたちごっこの様相を呈し、まさに雀の涙、ごまめの歯ぎしり。
 そしてこの後、一同は似たような状況を、湘南のあちこちで見ていく事になるのですが……それはまた、おいおい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR