“黒の貴公子”セットアップ!

 はいっ。「鉄血」本編の放送終了からはちょっと過ぎてしまいましたが、相変わらずのギャラホフレーム縛りな我が家。
 そんな訳で今回は、ちまちまと作っていた新しいグレイズがまた1機完成しちゃいました!というご報告をば。
 なおグレイズ祭りはこちら、ゲイレール祭りはこちらをどうぞ(笑)
IMGPE2222.jpg
☆グレイズリッターⅡ“ブラック・プリンス”
 形式番号EB-06rz。ギャラルホルンの最高峰「セブンスターズ」次席級の某名家預かりとされるMS。
 本来はギャラルホルン兵器開発部において、所謂“エドモントン事件”で得られたガンダムフレーム機“バルバトス”“グシオン(リベイク)”との交戦データからグレイズの相対的性能不足が露呈し、これに代わる次世代機向けに開発された新型エイハブリアクターの検証実験機として用意された機体である。
 機体構成そのものは06rs型(グレイズリッター)および05s(シュヴァルベ・グレイズ)をベースとしているが、エイハブリアクターの性能アップに伴って、その制御系には極限といえるレベルにまで手が入れられている。更に、ギャラルホルン自身がその本拠地に保管していた“バエル”“キマリス”等のガンダムフレーム機が厄祭戦時代に残した実戦データを基に調整を行った結果、確かに“キマリス”に準じる加速性能だけは獲得する事が出来た。
 しかしながらその代償として、元々05sの時点で繊細だった機体バランスが更なる尖鋭化を極め、グレイズフレームとしての機体強度を越える挙動を度々強いられた挙句オーバーヒートを引き起こし、テストパイロットの死亡事故にまで至ってしまう。
 この事故の結果、半壊した本機は予備パーツを用いて復旧補修こそされたものの“死を呼ぶ黒い奴”“到底実戦には使用できない代物”と散々な評価を与えられてしまい、以後は実戦に投入される事なく式典用の“置物”として用いられていた(金のカラーリングはその際に加えられている。なお完成当初は黒一色だった)。
 ちなみに正規の次世代機としては、新型リアクターの最大出力を抑えフレーム強度も相応に見直したレギンレイズが採用されたという事は周知の通りである。
 ただし、後年地球圏アフリカンユニオン領内で対MA戦案件が発生した事を受け、月外縁軌道統合艦隊“アリアンロッド”に所属する或る幹部パイロットの1人によって倉庫から持ち出された本機が、オーバーヒート対策のリミッターを急遽実装した上でかの最終戦に投入・運用されたという記録が残っており、その活躍に触発された一部中二病患者パイロット達により、のちにr型を基にしたレプリカ(当然性能的にはr型のまま)が何機か製造されている。
 その開発の経緯から、武装は先行生産型レギンレイズと同様のものを用いる。
.

《れしぴ》
 頭部、胴体部、肩部上腕部装甲、爪先:グレイズリッター
 鎖骨部装甲:グレイズアイン
 下腕部:グレイズ一般機
 腰部前後装甲、脚部(爪先除く)、バックパック:シュヴァルベグレイズ
 武器:レギンレイズ
 その他:MSオプションセット6、ラピーテープ(赤)、ジェムシール
 塗装:Mr.カラー【8】シルバー、【9】ゴールド、【23】つや消しブラック、【61】焼鉄色、【77】メタリックグリーン、【78】メタルブラック、【137】タイヤブラック、【FC03】フレームガンメタリック

IMGPE2232.jpgIMGPE2216.jpg
 黒と金を基調とし、メタリックレッドをアクセントに添えてノーブルさを狙ったカラーリング。
 画像ではちょっと分かりにくいのですが、装甲部の黒についてはメタリックとマット、フレームはフレームガンメタとシルバーで、それぞれ微妙に差異を持たせています(それにしても、ちょっとゴールド比が高かったかな…?)。
 更に(まだやってませんけど)武装と一部装甲を通常型やリッター一般機、バックパックを地上型グレイズのに入れ替えればレプリカバージョンになりますよ。完成したら、その姿もいずれ。

IMGPD9417a.jpg こちらが塗装前の状態。まったく印象が変わってますね。
 結局襟(r型の場合、トサカに干渉して首が上がらなくなる事が発覚)とワイヤーアンカーは外され、ゼーアドラーに実装されました。よくある仕様変更ってやつです。

IMGPE2224.jpg レギンレイズ用ライフルを、グレイズに持たせるにあたって。
 そのままですと、手首パーツの仕様の問題でプラプラになってしまいますので、グリップの後ろ側に0.2mmプラ板を切り貼りしています(左が加工前、右が加工後になります)。
 ちなみに、ゲイレールの標準ライフルにも同じ問題があります(アレは完全に金型転用なのに…)ので、同じようにして解決できます。もちろん全塗装が前提になってしまいますので、パチ組みされる方にはあんまりオススメできませんが(^^;

IMGPE2220.jpgIMGPE2234.jpg
IMGPE2237.jpg
IMGPE2239.jpgIMGPE2242.jpg
 レッツ・アクション。ヴァハやゼーアドラー同様の全塗装、しかもヒジョーに目立つ色なので、動かすのにはより一層気を遣います(^^;
 一方、最も“ガンダム的”になった武装のお陰もあって、バトルポーズも普通にかっこいいかな?と。

IMGPE2229.jpg
 そのヴァハとゼーアドラーを添えて、3機で。
 これは隠し設定ですが、この3機はそれぞれケルト神話の3柱の戦女神“モリグナ”の名を持っています(ヴァハはそのまま。ゼーアドラーはモリグー、そして当機はネヴァンという訳ですね)。いずれはこういうシーンもあるのでしょう(謎)
 ではでは、また!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。

何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR