MSオプションセット9で遊んでみる

 はいっ。今回は、先頃発売された「MSオプションセット9」を使ってちょちょいっと遊んでみましたので、そのご紹介をば。
IMGPE0383.jpg
.

☆グレイズ・イェーガー(※オリジナル)
 形式番号EB-06jg。次世代兵装・大型レールガンに対応すべく、エイハブリアクターの最大出力を調整された機体ではあるものの、外見上およびレールガン使用時を除く操作性はグレイズ通常機とまったく変わらず、本機の設計の優秀さを改めて顕著に示す一例となっている。
 この仕様は、アフリカンユニオンのサハラ砂漠に警邏部隊として駐留するMS小隊の所属機。少数の機体で広大な範囲をカバーすべく、この機体に限らず小隊所属機すべてが頭部アンテナを持っているため、隊長機は別途特別なカラーリングで識別されているという設定
IMGPE0392.jpg
 陸戦用グレイズは「グレイズ(一般機/指揮官機)」に「グレイズリッター(カルタ機)」の脚部ブースター、「MSオプションセット4」のバトルブレード、そして本セットに同梱された「陸戦型グレイズ再現パーツ」で構成されています。
IMGPE0389.jpgIMGPE0391.jpg
 更にこのグレイズ・イェーガーについては、「MSオプションセット7」の長距離レールガンを装備しています。本来これはレギンレイズ用装備なのでそのままグレイズには取り付けられませんが、ジョイントをグレイズバリエーション各機で特に余剰となる腰部ブースター基部のものへと差し替える事で解決しています。ゲイレールにも(ホバーユニットを外せば)装着可能ですよ。
 なお、本機を含めたグレイズフレーム祭りの会場はこちらになります(笑)

☆ゲイレール・シャルフリヒター
 形式番号EB-04jc4。本編第2期序盤に登場した重装型ゲイレール(シャルフリヒターとは処刑人を意味するドイツ語)。
 武装が全般的に増強されており、乱戦において最大のパフォーマンスを得られる仕様となっている。
IMGPE0395.jpg
 ゲイレール・シャルフリヒターは「ゲイレール」に「MSオプションセット8」のクロウシールド2セット必要な事に注意)、そして本セットに同梱された「ゲイレール・シャルフリヒター用換装パーツ」で構成されています。
IMGPE0385.jpgIMGPE0387.jpg
 武器はこれまでに出ている様々なオプションセットのものから使って差し支えなさそう(グレイズフレームの汎用性ゆえの恩恵!)ですが、この機体においては「MSオプションセット6」に同梱されている腕部ロケット砲の基部を外してはめ込み。遠近いずれの戦闘レンジにも対応できるようになっています。
IMGPE0533.jpg これが、我が家の独自仕様。
 シールドの裏に3mm軸を取り付け、予備弾倉ラックとしています。
 ゲイレール純正のマシンガン弾倉は、裏側をパテで埋めてから3mm穴を開け、シールド側の軸にはめ込むだけ。腕の可動範囲もマシンガン本体への固定穴も、更にクロー展開ギミックも殺す事無く改造できました。

IMGPE0540.jpg
 実は、素組み状態のシャルフリヒターは首部分が聊か間延びしていますので、これをデザイナー海老川さんご本人のプランに従って改修。

IMGPE0541.jpgIMGPE0542.jpg
IMGPE0543.jpgIMGPE0545.jpg
 更に、ここからが独自仕様その2。ゲイレールでは余剰になるグレイズの首関節カバー(D2の41)を、干渉しない程度に上下を削ってから首関節のポリパーツにはめ込んでみると、首部分が太くなって頭パーツの座りが更に良くなります。

☆ランドマン・ロディ
 形式番号UGY-R41。本編第1期で鉄華団が宇宙海賊ブルワーズから鹵獲したマン・ロディの改修仕様として、本編第2期に登場した機体。重装甲機でありながら地上戦にも対応し得るよう改修された足回りは、宇宙空間での運用においても以前とほぼ遜色のないスペックを示す。
 地球支部として展開していた際には主力機として運用されており、後半では元ヒューマン・デブリのパイロット達が愛用した。
IMGPE0402.jpg
IMGPE0398.jpgIMGPE0399.jpg
 この機体は「マン・ロディ」、そして本セットに同梱された「ランドマン・ロディの脚部パーツ」で構成されています。鉄華団仕様ではカラーリングを一変していますが、本セットでは元のマン・ロディでも違和感なく装着できるようパーツの色を合わせてある(デザイナーさん曰く「きっとどこかで運用されている」)のがポイント。
 ただ、上半身と下半身で関節の色が合っていないため、場合によっては爪先&踵も合わせてご覧の通り塗る必要が生じます。

☆グシオンリベイクフルシティ用ライフル
 本セット唯一の武器であるこの品については、武器検証班による過去の検証記事に合流する形で掲載しておりますので、悪しからず。

☆その他のパーツ
IMGPE0528.jpg まずは、このジョイント。
 これは、本セットのランドマン・ロディ用脚部パーツを、MS背部の汎用ブースターにする事が出来るパーツです。パッケージではガンダムフレーム用とされていますが、実際は3mmジョイントなのでいろいろな機体に取り付けられます。
IMGPE0530.jpgIMGPE0532.jpg
 おそらくランドマン・ロディを再現する気がない方向け(?)に用意されたものと考えられますが、現実的にはランドマン・ロディを再現した時、まるまる余る事になるマン・ロディ用脚部を装着する事になるでしょう。なお画像はハイモックへの装着例。

IMGPE0529.jpg そして、目下のところ使用意図不明なこのパーツ群。
 パッケージでは「(ガンダムバルバトスルプスレクスの)採用されなかった改修プラン」の再現パーツとされていますが……ガンダムフレーム機のない我が家には、あんまり関係のないパーツだったりします。ハイ(^^;

 今回のセットで完成する「陸戦用グレイズ」「ゲイレール・シャルフリヒター」そして「ランドマン・ロディ」。ランナーの配分がそれぞれ別だったりしますし、いずれも後からプレバンで売りそうな雰囲気ですねぇ……
 それにしても、ガンプラでこうして別機種をこさえる事が出来るオプションセットが出るとは本当に驚きですね。しかも、基本的にはスナップフィットの組み換えなので、さしたる改造も必要とせず完全に元キットの状態に戻す事が出来るというのは本当に大きいですよ。
 個人的にはLBXの頃「DCオフェンサーとかガウンタ一般機とか、組み換え仕様で出せなかったのかな!」という感じの念願が形を変えてかなった感じがして、とても嬉しいです。
 ではでは、また!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR