次々続々、グレイズ。

 はいっ。本日1/21は、先日の秋葉原出撃においてこっそり?実行しておりました「妖怪グレイズおいてけ大作戦(お豊風命名)」の戦果を、ちまちまと作品に反映しておりました。
IMGPD8667.jpg
 で、その結果をこの記事に順次インデックス的にアップしまーすというお話。
 現時点でほとんどが暫定状態の未完成品ですので、完成したら順次個別の記事を作っていこうかと~。
.

☆モビルヴァハ完成しました!)
IMGPD9478.jpg

☆アドヴァンスド・グレイズ“ゼーアドラー”完成しました!)
IMGPD9853.jpg

☆グレイズ・イェーガー完成しました!)
IMGPE0392.jpg

☆ゲイレール・トローペン(完成)
IMGPE1165.jpg
 ただ砂漠戦用?塗装にしただけのゲイレール。ただし一般機という設定なので、角はカットしてあります。というかガラン・モッサの劇中キャラはイマイチ好きじゃないんだけど、ゲイレールは好きな機体なのです。
 ……え?この色ってことはまさかのシャルフリヒター狙いなんじゃないかって?……もちろん!!(笑)

☆グレイズリッターⅡ“ブラック・プリンス”
IMGPD9417a.jpg(この機体はまだ未塗装です)
 形式番号EB-06rz。ギャラルホルンの最高峰「セブンスターズ」次席級の某名家預かりとされるMSで、本来はギャラルホルン兵器開発部において、「グレイズに続く次世代機の性能策定」を目的に開発された新型エイハブリアクターの検証実験機。
 増大した総合出力を活かすべく「厄祭戦当時の記録に遺された“キマリス”の戦闘パターンを、グレイズフレームでどこまで実現できるか?」というテーマの下に通常のグレイズリッターから改造された結果、確かに“キマリス”に準じる加速性能だけは獲得したものの、元々繊細だった機体バランスが更なる尖鋭化を極め、常人が操る限りではただの改悪機に過ぎなくなってしまった。
 結局、次世代機用には(広く知られている通り)“エドモントン事件”の戦訓から完全新規設計のレギンレイズフレームが採用され、この機体は「到底実戦には使用できない代物である」として倉庫に押し込まれてしまっている。
 その開発の経緯からグレイズリッターとしての武装は一切廃され、次世代機レギンレイズと同様の武装を用いる。

☆ハルフレズ
IMGPD8714.jpgIMGPD8717.jpg
 形式番号EB-04/rp。 戦地で回収したゲイレールの残骸をベースに、民生用フレック・グレイズやジャンクパーツ(その中には、廃棄された実験機のものもある様子)などを用いてまるまる1体組み上げられたという奇怪な経緯を持つMS。ちなみにrpはリペアの意。
 継ぎ接ぎ状態でありながら、もともと信頼性の高いゲイレールフレームを基にしているため操作性自体は良好で、態勢を低くする事で被弾性を下げつつ、大型化した腕により長くなったリーチを利した格闘戦を得意とする。
 全身に増設されたペイロードには様々な追加兵装を搭載する事が出来、僚機に提供する武器庫としての役目も持つ。ただしその出自から機体の安定度は劣悪極まりなく、出撃する度絶えず(下手をすると戦闘中にすら)調整し続けなければならない。
 (要は、ここまでの改造で発生した余剰パーツを使ったいつものお遊びです。ゆえに未塗装)

IMGPD8723.jpg
 作戦実行ついでに、モビルヴァハへの改造でガントレットを両方へちられてしまったレギンレイズも晴れて元通りになりましたので、ひとつ「アリアンロッド」所属のMS小隊をイメージしてパシャリと。
 しかし、なんか気付いたらグレイズ系もどえらい数になってましたねぇ……そろそろ、旧ザクアメイジングを越えるんじゃないかと。
 ではでは、また。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。

何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR