つくったよ!コステラ/そのめちゃん

 さて今回は、随分前のAK-GARDENでお迎えしました、双流さん作のオリジナルガレージキット素体「コステラ」および専用ヘッド「そのめ」その他を完成させましたので、ここでご報告をば。
IMGPD8311.jpg
☆ソノカ=コステラ
 「えー。ナナ姉は部長の嫁じゃないんですー?そのパーツ何のためにあんのよ
 型番PFY-08。量産型シュメッターリングの販売元であるProduction Fairies社で開発された次世代型神姫級素体を、あえて神姫フォーマットにてセットアップしたもの。この素体は試験的に少数生産されたもので、ボディ面での更なるダウンサイジングが図られている。
 チームではマイアの妹分とされ、姉が属するチーム=メテオの補佐メンバー(特に姉のアシスタント)を勤める。神姫用武装は手持ちのもの以外使えないが、専用装備としてアサルトリリィ用「ダインスレイフカービン」、およびUnderConstruction社製のツールボックス(これは姉と共用)を用いる。「ニセルトリリィかよ!」とは当人談
 基本的には天真爛漫な性格だが、時々ぼそりと洒落にならない毒を吐く事も。協調運転を考慮されている事から姉とは仲が良く、またチーム=メテオの面々にも(ツッコミ役として)馴染んでいる。

 ……という訳で、作成中の光景をこの先にアップしていきますよ~。
.

IMGPD8299.jpg
 バラけた部品状態。組み立てについてはこちらをご覧下さい。
 今回は従来のツールに加え、ガイアノーツさんの新兵器「瞬間カラーパテフレッシュ」を採用。シアノンと同じ性質を持ちながら、肌色カラーレジンと同じ色合いを持つスグレモノです。

IMGPD8300.jpg サクサクと、徐々に組みあがってきました。
 ボールジョイント受けは素体に接着してからボールを差し込むのではなく、逆にボールを差し込んでから素体に接着した方が楽でした。
IMGPD8302.jpg はだかで失敬。ほぼ完成状態のボディ。
 当初の組み方ですと、鎖骨及び臍の下部分にどうしてもパーツ分け故の継ぎ目が出てしまうのですが、ここで先の瞬間カラーパテフレッシュが大活躍。継ぎ目が綺麗に消えているのがおわかりでしょうか。え、綺麗じゃない?そりゃあ失礼(^^;

IMGPD8304.jpg いよいよ顔パーツの工作へ。
 マークソフターさん!マークセッターさん!デカール貼りの力……お借りします!!(何
 これを書いている段階ではまだヘッドの組み立て説明書が上がってませんでしたが、以前マイアを組んだ時を思い出しつつ。そのめちゃんヘッドは白目の部分こそ要塗装ではありますが、私はといえば大昔からちょこちょこアイペらしき事をしてましたので、特に困難もなく。

IMGPD8305.jpg ひとまず、完了。
 個人的な好みから、目と目の間はヘッドのアイモールドよりも気持ち間隔をとっています。
 ただ、アイデカールの品質の問題か、麺棒で触った時にすら塗膜がボロボロ崩れてくるのにだけはホント閉口しました……「剥がれた部分をPIGMAミリペンで点々と塗る」という荒業で何とかしましたが、もし次がございました時は、出来ましたら違うメーカーのものでお願いしたいところです、と。
 なお頬の部分は、無論おなじみのウェザリングマスターで仕上げ。髪飾りは脱着を考えて、両面テープを使用しました。

IMGPD8308.jpg 衣装を着せて、本体完成。
 実は困った事にこの素体、ケツがでか過ぎて殆どのおぱんつを履けません(最近のアゾン純正ピコニーモ用ぱんつでもダメでした)。うずら小屋さんのTall神姫用かピコニーモ用なら何とか…ってレベルですね(FA:G用くらいなら、大体問題ないと考えられます)。
 ただ、双流さんのお話によりますと……実はモールドも含め「最初からおぱんつを履いてる状態」で立体化されていたのですね。私はそのあたり読めず(前述通り)本来おぱんつになるハズのモールドを悉く消しちゃっていたのでしたゴメンナサイ

 ……という事情から、服の方も最近のピコニーモ用、それもふわっとスカートの開いたデザインの服を推奨です。
 上半身はスリムなので大抵のものは着せられますが、腕がSmall神姫/WR-7並みに短めなので、ピコニーモ用だと袖が派手にダボる事になります(無論ダボ袖萌えなら問題ありません)。
 ちなみにノースリーブのワンピなら、ほぼ大丈夫です。特にハニスノさん服はよく合いました。
 なお、靴はオビツ11用、あればWR-7用が適正なようですが、聊か大きめながらリカちゃん用でもいけます。画像では後者、ネオジム磁石を底に仕込んだ靴(ナナのお下がり)を使いました。

IMGPD8306.jpg 専用装備ことダインスレイフカービンの組み立ても。

IMGPD8309.jpg そして、塗装完了。白状しますが塗装ってきらーい(笑)
 なおこのダインスレイフカービンも、AK-GARDENでの(数少ない)戦利品のひとつです。装備する時は、ピコニーモ手を使いますよ。

IMGPD8313.jpg
 かくして、冒頭の1枚にて完成~!とあいなる訳です。せっかくなので、MMS3rdSmall(ナナ)及びWR-7素体(柚果)と並べた状態で、改めて。
 可動に関して。関節パーツそのものはイエサブ関節技であるため長所短所はある(レイカルさん改造の件も参照)ものの、そこから更に手を入れていく必要が結構ある分、ガレージキットという範疇で見ても「動かす事」をかなり考慮した構成になっていると思います。
 腕を完全に外す事が出来る分比較的服を着せやすく、またどこかに座らせても脚がすっぽ抜ける心配をしなくていいのはとてもありがたいですね。

IMGPD8314.jpg
 同じ双流さんによる原型の、お姉ちゃんことマイア(※MMS1st)とも並べてみました。
 かなり姉妹感が出てると思いますけど、いかがなものでしょうか。

 という訳で。久し振りにガレージキットを組みましたが、総じて楽しいひとときでありました。
 みなさんも、イベント等でガレージキットを買ったらそのまま積むのではなく、ぜひ組み立ててみてください。そこにはきっと、市販品にはない新鮮な発見がある事でしょうから。
 ではでは、また!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この度はどうもありがとうございます。
そしてなんか人柱レビューみたいな感じになってしまって申し訳ないです…。(特に顔パーツ周り)
大きなお尻と股関節の継ぎ目は元々ドールみたいにパンツを履かせる事を想定していたわけではなく
figmaやフィギュアーツにおけるパンツ部分のパーツとして白レジンで抜く事を想定した物で、
この先、裸体がゾーニング指定されるイベントに参加する事があったら選択式で同梱しようかなと。
今はデスクトップコスチューム時代に作られたアゾン服のパンツを脚部外して強引に履かせてまたはめ直すという形で落ち着いていますが
アゾン服のパンツも物によっては使えない物があったりするんですね…。
試しに手持ちのピコニーモ用縞パンも履かせてみましたがこちらはキツすぎて無理でした。
デカールにつきましてはファインモールド製の透明デカールをキンコーズさんのレーザープリンタで出力させてもらっていますが、
一ヶ月ほど前にこちらで貼り付けた際は特に問題ありませんでした。経年劣化が早いのでしょうか?
それともこちらで使わなかったマークソフターとの相性でしょうか?明日にでも買ってきて検証してみます。
そして品質の方に問題がございましたらwave製のデカール辺りにでも素材を変えてみたいと思います。

No title

>双流さん
 書き込みありがとうございます~!いろいろきっつい事を書いてしまって、こちらこそ申し訳ございません。
 お尻の部分、そういう事だったのですね。そもそも神姫の時点でネイキッドありきだった我が家だけに「履かせればいいよね!」ってモールドを消してしまってたので、後で検証して「え、これも!?」って目がまんまるに…という訳で、もっと詳細な格好に修正させていただきました(、、;
 アイデカールの件、多分ですがレーザープリンタのインクとの相性が、経時によって徐々に表面化した結果ではないかと推察いたします。実の所、マークソフターはクリア部分を馴染ませるためだけにしか使ってませんでした……
 と申しますか、そも我が家ではガイアノーツ製(絶版品)しか使ってなかったので、びっくりしましたよ~(^^;
プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR