三浦最南端!城ヶ島de海ドボン大作戦

【ナレーション】(※BGM
 “海ドボン神姫”。波濤と、潮風と、トンビの跋扈する海にあえてドボンする武装神姫。
 巨大な海に立ち向かう、湘南海ドボン神姫・ナナ。今日、彼女を待ち受ける海は、果たしてどこか…?

IMGPC9759.jpg
「じょうがしまー!きたぁー!!」
 という訳で、今回は三浦半島最南端・城ヶ島での逍遥です。以前訪れた時は冬でしたが、今回はうって変わって夏!
IMGPC9763.jpgIMGPC9767.jpg
 今回トライポイントとしてチョイスしたのは島の南側、太平洋に面した赤羽根海岸。
 後背の絶壁は冬から春までの間、ウミウの越冬地となる事でよく知られている絶壁です。

IMGPC9770.jpg
 「ほいじゃ、いつものようにいってくる!」「はい、いってらっしゃい」「いつものように、な」
 それでは!「三浦半島海ドボン制覇計画」城ヶ島編、はじまります!!
.
IMGPC9773.jpg 「れーっつ!」
IMGPC9774.jpg 「うみっ!!」
IMGPC9775.jpg 「どぼぉーんっ!!!」
IMGPC9829.jpg
「いぇああああああああーーーッ!!」
 海ドボンできた喜びでちょっくらヒャハってるようですが 無害ですとりあえず。たぶん。(笑)

IMGPC9825.jpg
IMGPC9818.jpgIMGPC9781.jpg
IMGPC9858.jpg
IMGPC9824.jpgIMGPC9876.jpg
IMGPC9779.jpg
 まったくもって 平常運転。そして……

IMGPC9800.jpgIMGPC9788.jpg
 「うりゃあーっ!!」 と、こちらレイカルさんも平常運転でした(笑)

 さて、海ドボン衆が盛り上がっている間に……「ここが馬の背洞門ですね」と、名所を訪問し始めるいいんちょ。
IMGPC9838.jpgIMGPC9840.jpg
 「材質は柔らかい凝灰質砂礫岩、高さ8m、横6m、そして厚さは2mの海蝕洞穴……関東大震災で一帯が隆起するまでは半水没していて、穴の所を小船が通れたといわれています」

IMGPC9902.jpgIMGPC9903.jpg
 「相模国三浦総鎮守、海南神社の分社です。本社は対岸の三崎にありますけど、このような構造は、浦賀の東西叶神社にもみられて興味深いですね」

IMGPC9904.jpgIMGPC9905.jpg
 「そして、その正面にあるのが旧三崎小学校城ヶ島分校、現在は海の資料館とされていますが今日は閉まっていますね。これは、ランドセルでも持ってくればよかったでしょうか…?」

IMGPC9907.jpgIMGPC9908.jpg
 「数多くの童謡を世に残した20世紀初頭の詩人・北原 白秋の歌碑です。内容は代表作のひとつ“城ヶ島の雨”ですね。背後にある城ヶ島大橋建造のために、今の位置に移されたのだとか」

 島の南西部、長津呂(ながとろ)の磯の根にあたる岩場には潮溜まりとは別に淡水域があり、トンボやゲンゴロウ、アメンボなどの姿がみられました。
IMGPC9899.jpgIMGPC9894.jpg
 「ボクは空を監視している。キャロと違って、別に改めて“お勉強”をするつもりもないからな」
 そんなローゼが立っている鉄骨は、おそらくこの島が要塞化されていた頃の遺物。既に錆び曲がっていて、そのうち崩れ落ちそうでした。

IMGPC9922.jpg
 それぞれにひとしきり楽しんだ後、城ヶ島公園の芝生で全員集合。ほとんど誰もいなくて、ほぼ小さな仲間達による貸切状態でした(笑)
 ではでは、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR