マテリアちゃんが やってきた!

 はいっ。今回は先頃めでたくコトブキヤさんから発売されましたフレームアームズガール・マテリアを、我が家でも(なんとか)ゲットしました!
 ……という事で組み立て行程はサクッと飛ばして、完成後の状態から書いて行きますよ。
IMGPC2244.jpg
 「どうも初めまして。フレームアームズ・マテリアです……こちらでは『カツィア』という名前をいただきました」
 「おぉー。よろしくぅ!」「よろしくお願いします」

 という訳で、それではレッツ・アクション!
IMGPC2255.jpgIMGPC2256.jpg
IMGPC2257.jpgIMGPC2261.jpg
IMGPC2250.jpgIMGPC2252.jpg
 ……いやあ、よく動く動く!
 流石、従来のFA:Gを始めとする数々の少女型キットで地道にノウハウを築き上げてきただけあって、素晴らしくまた小気味良いまでの美観と可動域です。
 髪パーツは若干脳勃起気味ですが、表情など見るにフミカネ先生の最近の絵柄を、よく再現していると思いますよ。凄い!

 ……ところが、このカツィアことマテリアちゃん。このまま我が家で大暴れさせるには、ある決定的弱点があったのです。
 それは……
.

 そう、関節強度ハイ、ワタクシやナナと少なからず付き合いのあるお方なら、すぐに見当がついてしまいそうな案件ですネ(^^;
 仮にも玩具の基準で作られていた武装神姫やリボルテックに比べ、あくまで模型の基準で作られているFA:Gゆえ仕方のない事なのですが、このマテリアちゃん、実によく関節がスポスポとまぁすっぽ抜けてくれやがります。
 主に両手首に両足首、それにもっと困った腰部……驚異の関節可動域の代償とも言えますが、だからと言って出先でうっかりすっぽ抜けて、大事なパーツが亡失しては大変です。
 あー、「複数買ってればそんなの気にする必要はないじゃん」とか仰せのアナタ。そういう問題ではないんで、ちょっと座っててね。

 ともかくもこのままでは、とてもじゃないですがいつものナナ達の外撮り大暴れに随伴などできそうもありません。
 そこで、さしあたりの自衛策。
IMGPC2272.jpgIMGPC2266.jpg
 まず手首と足首ですが、たいていの神姫オーナーさんならおなじみ、木工用ボンドの出番です。手首は細い方の軸、足首は靴と接続する軸に塗りますよ。
 あ、そうそう。手首パーツは90度横に曲げるとすっぽ抜けやすくなる仕様ですんで、そこのところはご注意あれ。

 しかし、より懸案なのが腰部。もともとここは「接続軸には短か過ぎてテンションを維持できず、かといってボール可動させるにはクリアランスがぱっと見分からない程度」という、正直何故ボールジョイントにしてあるのかよく分からない仕様です。
 これを代替出来る市販のジョイントパーツもいくつかありそうですが、私の記憶している限りボールデンアームアームズではイマイチ外れやすい上にボール受けをFA:G本体側に付ける都合上FA:G本体側を大きく削り込む必要があり、結果気軽には出来ない大改造になってしまいます。
 一方『関節技』ボールジョイントでは、動かしているうちにボール受け部が割れてくるという問題が既に発覚しています
 という訳で、結果から申せば「残念ながらどっちも使えません」……そこで「出来るだけオリジナルのパーツを元のまま使う」という、いつもの我が家的貧乏性コンセプトにて解決を図ってみます。

IMGPC2265.jpg
 腰部の接続ピンは、0.8mm真鍮線を軸にした切り出しランナーで延長。
 FA:Gのランナーはだいたい3mm軸に転用できるのがイイですね。

IMGPC2267.jpg
 続いて、胴体部のボールジョイント受けの奥を、3.2mmドリルでもって大胆かつ慎重に削ります。
 延長した軸が入るくらいには大胆に、突き抜けてしまわないくらいには慎重に。

IMGPC2269.jpgIMGPC2268.jpg
 で、ボールジョイント受けにボールをはめ込み、そして延長した軸を接続。
 そのままでは延長した分だけ胴体が間延びして隙間も出来てしまいますので、適当に延長した側の軸をカットします。右の画像のように、元の軸から2mm程度突き出すくらいでOK。

IMGPC2271.jpg
 これで、気持ち腰がすっぽ抜けにくくなりました。
 改造ついでに、最初の段階ではうっかり塗ってなかった部分もバッチリ塗装です。「ありがとうございます、マスター」

 このFA:Gマテリア、確かに「模型」というカテゴライズで見れば造形や関節の可動域など、正直新たな地平を築けるであろう程に驚異的な出来なのではありますが、一度「完成後に遊ぶ」という見地から見てしまうと、バンダイ製すーぱーふみなに比べてもなお詰めの甘い部分が見受けられ、結局のところ「いつものブキヤさんだなぁ」という個人的印象でした(それでもホワイトは予約済みですけどネ)。
 これはコトブキヤさんが「武装神姫をリランチする」というからこそあえて書くのですが、FA:Gもラインアップだけは広がってきているだけに、そろそろもうちょっとでも“模型である”という利点を活用していってもいいものと思われます。
 具体的には「損耗しやすい予備パーツや、バリエーションを広げる交換用パーツ(顔とか髪)をこそ、より潤沢にラインアップしていく」という事です。
 今のコトブキヤさんの企業体力ではまだまだ荷が重いのかもわかりませんが、既にMSGという展開もやっておられるのですし、交換用パーツをショップ限定ボーナスパーツにしている様な、他社が高級アクションフィギュアでやってるのと大して変わらないようなやり方からは、そろそろ脱却して然るべきではないかなと思うのですね。
 同じ事はアゾンインターナショナルさんのアサルトリリィ(特にカスタムリリィ)にも言えるのですが、それはさておき。

 とにもかくにも、これからも過度に崇め奉らない程度にはコトブキヤさんとFA:Gを応援して行くつもりですので、今後ともよしなに。
 ではでは、また!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR