その後の我が家のFA:G。《改》

 はいっ。この度我が家のフレームアームズ・ガール「スティレット」の改造がひとまず完了しましたので、改めてのご紹介をしようと思います。
 というか、やっと仮記事から差し替える事が出来たよ!!
IMGPC0067.jpg
「FA:Gデルタダート、とりあえずハンガーアウト!」
 皆様ご存知FA:Gスティレットのカラーリングを変え、1950年代米空軍の全天候型邀撃戦闘機「センチュリーシリーズ」の1機としても知られる「コンベアF-106A デルタダート」をミキシングしたFA:Gです。
 スティレットの組立説明書にはF-14Aトムキャットとのミキシング作例が掲載されていますが、それに触発されてハセガワ1/72キットを切った貼ったしての作成です。なのでコンテストにはぜ~ったい出せないのだ...(笑)
 なお、工作精度がおそまつなのは、いつもの我が家クオリティです(^^;
.

 デルタダート最大の特徴、その名通りの巨大なデルタ翼は基部2軸で可動。
 通常時は塞いでますが、実は3mmジョイントで接続できるウェポンベイでもあります。
IMGPC0068.jpg
IMGPC0069.jpg FA:Gスティレットのおまけナイフを装着。
 よく考えたらスティレットもデルタダートも、大元はナイフのカテゴリーに属する刃物でしたね。

 キットの切り出した余剰部分を転用して作ったシールドの裏には、あえてスティレットのデフォルト武器に代えて、元キットのAIM-4「ファルコン」ミサイルを発射台ごとセット。
IMGPC0070.jpg
 実機のF-106Aデルタダートは“飛んできた敵戦略核爆撃機の鼻っ面に核弾頭ロケットをぶち込んで撃墜っていうか文字通り消し飛ばす”という、作られた時代が時代とはいえなかなかにあたまのおかしい運用思想であったため、基本的に搭載火器はファルコンと核ロケット弾・AIR-2「ジニー」だけでした。
 もっとも、F-106Aが艱難辛苦の末配備された頃には、既に戦闘機では迎撃できない長距離ミサイルの時代になってしまい、結果としてこの種の戦闘機全体が存在意義を失ってしまった……というオチが付いてしまった訳ですが。

 主武器はこちら、MW-08ランスにMW-11ブーメラン・サイズの柄を使って延長したものとなります。
IMGPC0075.jpg
 今回ミキシング先としたハセガワの1/72キットには、件の核ロケット弾「AIR-2ジニー」はついてませんので、機首ノーズコーン部分とひっくるめてのメタファーとなっています。
 なお、当初はGP-02Aのアトミックバズーカを使う案もありました……

 その後、ベトナム戦争での戦訓を踏まえて米軍全体で戦闘機の運用が見直された際、F-106Aには一部の機体にM61「バルカン」ガトリング砲を搭載する改造が施されたと言われています。
IMGPC0078.jpg
 そこで此方でも、その状態を再現。ガトリング砲本体はスティレット純正のものを使い、胴体部に装着しているという事を考えて軸で腕に直接取り付けてみました。
 ちなみにMW-04マシンガン・ミサイルランチャーを持たせても同じような状態には出来ますが、それだとなんだかFAクファンジャルみたいですねぇ(笑)

 そして、FA:Gどころかオリジナルのスティレットに比べてすら目を引く、巨大なエンジン部。
IMGPC0082.jpg
 やっつけで作ったように見えます(実際その通り!)が、実は横からパカッと開けて、小物を収納できるスペースになってます(ここでは余っている手首パーツを収納してみました)。
IMGPC0086.jpg これ、デルタダートの巨大な機体を無駄にしたくなくて作ったギミック。
 しかしながらデルタ翼共々非常に重たく、背中のジョイント穴では干渉してうまく繋がらなかったので、やむなく腰のジョイント穴を使用。
 ベースパーツは短い軸をランナーから作って、ノズル穴に差し込む方式としました。

IMGPC0090.jpg
 ノーマル仕様のスティレット(米空軍カラー)へと戻すのも、パーツの差し替えのみで実に簡単です。
 これこそ、相棒・ナナのそれから続く我が家の伝統「本体だけなら元に戻せるカスタマイズ」

 製作中の光景。相変わらずの筆塗りオンリーです。
IMGPB9622.jpgIMGPB9620.jpgIMGPB9623.jpg
IMGPB9634.jpgIMGPB9636.jpgIMGPB9638.jpgIMGPB9644.jpg
IMGPB9642.jpgIMGPB9639.jpgIMGPB9624.jpg
IMGPB9632.jpg 仮記事だった頃の画像も、あわせてこちらに。
 暫定版の時と主翼の取り付け位置が違いますが、これをやっていたら腕全体の保持力が(主翼の重量に負けて)落ちてしまう事、そもそもトップヘビー過ぎてスタンドありでも満足に自立できなくなった事から、現在の形に変更しました。

IMGPC0093.jpg
 「今後ともよろしくー!!」という訳で、FA:Gデルタダート完成のおしらせでした。
 ではでは、また!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。

何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR