不条理のG!アブサード

 この日9/20は墓参でしたので、せっかくの晴天だったけど神姫ingはなし! ナナはこっそり連れてったんですけどねぇ(^^;
 まあ、残りの連休で取り戻すとしましょうか…

 さて今回は、先頃曲がりなりにも完成をみましたガンプラ「アブサード」をご紹介しましょう。
 いろいろなジャンクパーツをミキシングしたものなので、いろいろアレではありますが(^^;
IMGPB7703.jpg
.

●ZGMF-YX80JA アブサード(ABSURD)
 別名「Gアブサード」。ガンダム目戦術級強襲殲滅戦用MS……という設定のガンプラ。
 この機体の(設定的意味での)出自は必ずしも詳らかでないものの、辛うじて残されていたという形式番号から見て「ザフトから流出した『ZGMF-X10Aフリーダム』の設計を使ってどさくさ紛れにでっち上げられた機体が、なんか良く分からない理由でとりあえず改造されたもの」という説が濃厚……という話らしい。
 そう。上記の通りではあるが、奇怪な事にこの機体には「フリーダムとの共通点がほとんど存在しない」。
 IFSシステムを搭載した「始まりの機体」をベースに、高推力・長航続力を兼ね備えたメガライドブースターを背負い、そこにCE世界の核動力機や西暦世界の太陽炉搭載機、AG世界のAGEシステム機といった「21世紀初旬に放映された非UC系ガンダム作品」に登場した機体の特徴を、とりとめもなく備えたその姿には「世界観再現?んなもんまで評点に加えるとは馬鹿げた事だ。そもそも自由に作ってこそガンプラだろうがよ」という、製作者の「現行ガンプラバトルシステムに対する意図が窺える。
 主兵装は高出力ビームロングライフル、フィンビット6基、ヒートガンブレイド2本、マルチプルトンファー2本、頭部内装機関砲2門、膝や主翼などにはヒートエッジ、そして一撃必殺のダイダルブラスターキャノンと、クロスレンジ寄りながらあらゆるアタックレンジに対応する事が可能。往々にして「ピーキーな操作性」という問題に陥りやすい豊富な兵装をより的確に運用出来るよう、左右対称もしくは2本1対とする配慮が地味になされている。
 特にダイダルブラスターキャノンは、巨大な翼状シルエットを形成するフォトンメガブースターの中央部にセットされ、発射時に股下を通って前方に展開するのだが、そのあまりにも下品な発射形態は運用側を一様に閉口させたという逸話を持つと共に、本機の名(不合理/道理に反する)の由来のひとつともなっている。
 なお、フリーダム由来の一斉発射機能も健在で、一部では「アブサード・フルバースト」と呼ばれている。

IMGPB7685.jpg
 フロントスタイル。概ねビギニングJガンダムとフリーダムガンダムカスタムキットをベースにしている事がよくわかります。
 バックパック前部分にはアームアームズの基部パーツを経由して、フェイダトンファーを接続しました。ただ両脚の脇部分がちょっと寂しいので、今後なにか追加したいところですね。

IMGPB7686.jpg
 頭周辺はフリーダムガンダムカスタムキットそのままですが、アンテナはバタフライマスクをイメージして公式の塗装とは変えています(ちなみに一時はドレッドノートの頭をそのまま乗せてました)。
 追加アーマーを被せるため、胸部パーツを大きく削ってみましたよ。

IMGPB7687.jpg
 バックスタイル。メガライドランチャーとビギニングJガンダムはジョイントピンの幅が共通バックパックに比べて若干狭いため互換性こそありますが、実はメガライドランチャー側のピンが若干短くそのままではすっぽ抜けてしまいますので、プラ棒と真鍮線で延長を行いました。
 バックパックのメインバーニア部分はアームアームズのクランクで繋がっており、自由に動きます。トンファーや腰のマウントのためのスペースを確保するため、間にEz-ARMSのブースターを繋いでますよ。

IMGPB7684.jpgIMGPB7688.jpg
 バトルスタイル。手首パーツはしれっと次元ビルドナックルになってますが、素のビギニングガンダム属ではボール受けの位置が深く普通にはまらないため、あえてボール受けを削り落としポリパーツを嵌めこんでいます。

IMGPB7691.jpgIMGPB7692.jpg
 基本的には紅ウェポンですが、ライトニングバックウェポンシステムMk.Ⅱから余剰となったバレルとジェノアスのビームスプレーガンを転用し、ビームライフル丙をでっち上げました。
 当然そのままではくっつかないので、紅ウェポンに対応できる中間ジョイントをプラ板でこさえてます。

IMGPB7694.jpg
 トンファー展開。とはいえビギニングJガンダムの腕では太過ぎて、上手く構えられないのが問題点。
 腕をもっと細いガンダムタイプのものに交換すればいいだけな話なのですが、普通のガンダムタイプだと今度は肩ジョイントが合わないんですよね。腕に直に取り付けると、今度は取っ手が邪魔ですし……。

IMGPB7696.jpg
 ガンブレード展開。マウントアームは紅ウェポンの添付アームそのままですが、メガライドランチャー側の穴径をプラパイプで狭めた上で繋いでいます。

IMGPB7699.jpg
 「ダイダルブラスターキャノン」発射形態。こうなると、どこぞの国のロボットみたいですね。
 ちなみにコマネチポーズは基本です。基本。

《レシピ》
 胸部:ビギニングJガンダム
 腕部:ビギニングJガンダム(のちのち変更予定)
 脚部:ガンダムAGE-3ノーマル、0ライザー
 手首:次元ビルドナックル(中)
 背部:メガライドランチャー、Ez-ARMS、ポータントフライヤー
 頭部ほか:HGCEフリーダムガンダムカスタムキット
 武器:(同上)、紅ウェポン、ジャイアントガトリング、HGジェノアス、ライトニングバックウェポンシステムMk.Ⅱ
 その他:ガンプラバトルアームアームズ、パワードアームズパワーダー、MS強化ウイング01、プラ板、プラ棒、真鍮線

 途中長きにわたっていろいろ変化しましたが、これでとりあえずの決定版です。
 しかし…最初はただのビギニングJガンダムだったのに、途中アメイジングブースターくっつけたあたりからすっかり変わり果ててしまいましたな…
 …あと、途中ドレッドノートの頭付けてた時期もあったんですけど、アレどうしよう…(ぁ

 ではでは、また!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。

何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR