海水浴場三連戦!海ドボン神姫、油壺へ(2)

 (この記事は、3編構成のパート2です。パート1はこちらをどうぞ!)
 
 「こんにちは、キャロです」
 「“いいんちょ”って呼ばれてますが、出来れば名前で呼んでほしいです」
(←無理)
IMGPB6098.jpg
 「8/6は木曜日。本拠地の最重要活動の日なので、マスターは体力を温存しています。お姉ちゃんの首パーツが、無茶のし過ぎでまた砕けたとかもあったんですけどね
 「そこで、まずは5日の油壺逍遥の合間にこっそり撮った、うさうさの皆をアップしますね」

 ちなみに今回はCM社長謹製・WR-7素体の子たちだけで、MMS素体のナイン芽依はお留守番です(^^;

IMGPB6091.jpgIMGPB6093.jpg
 「双子ちゃん達も柚果ちゃんも、似合ってるなあ……わたしも、水着を持って来れば良かったかな?」

IMGPB5975.jpg
 同じWR-7素体でも双子うさ達は第0期、柚果は第4期の素体ですので、ちょっとだけ仕様(主に関節部内装の金属線の有無)が違ってたりして。なので、お外にはより頑丈な柚果を連れて行く事が多いのですよね。
 何はともあれ、我が家はWR-7素体を、まったりと応援しております。
.

 さてさて。新井浜でたっぷりと海を満喫した一同ですが、今回の逍遥はまだまだ終わりません。
 続いてはちょっと隠れスポット的?胴網(の浜)海水浴場へ。
IMGPB6131.jpg
IMGPB6103.jpg
 ご覧の通り、更に人が少なくまったりとした風情。海水浴シーズン真っ只中でこれなら、オフシーズンでは果たしてどうなってしまうのか…?(笑)

IMGPB6101.jpgIMGPB6102.jpg
 マリンパークからなら比較的楽に行けますが、新井浜からはちょっとワイルドな高低差の激しいコースを歩いていく事になります。
 途中には、おそらく大戦末期のものであろう防御陣地も見え隠れ。でもご覧の通り、中の不法投棄がスゴイ状態なので探検は見合わせ(^^;

 で、やっぱりドボンしちゃうナナ。
IMGPB6135.jpgIMGPB6134.jpg
IMGPB6268.jpg
IMGPB6233.jpgIMGPB6238.jpg
 一次撮影では新井浜、二次撮影では横堀を中心にしたので、胴網での撮影が少なくなっちゃいました(^^;

IMGPB6110.jpg 「ここで再び、ちょっとだけ歴史探訪の時間です」
IMGPB6108.jpgIMGPB6106.jpg
 ここ油壺は本来、平安~戦国期に勢力を誇った坂東武者の名家・三浦氏が最期の根拠地「新井城」でした。
 永正9(1512)年、かの北条早雲の武略によってさしもの三浦氏もここに追い詰められ、3年に亘る凄惨な篭城戦の挙げ句、最後の当主・道寸入道義同(どうすんにゅうどうよしあつ)以下一族郎党討ち滅ぼされ、海一面が油を流したように血で染まった…という伝承から、油壺という名前になったのです。
 城の痕跡は界隈全域で僅かに見られますが、とくにマリンパークから胴網までのコースで見る事が出来るのが、右画像の三浦道寸入道義同墓所。
 「討つものも討たるるものもかわらけ(土器)よ 砕けて後はもとの土くれ」と辞世の句を残した道寸入道。明らかに手入れの行き届いていないその墓所と合わせて、世の儚さを訴え掛けてくるようです。

 という訳で、ここから先はパート3をどうぞ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。

何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR