HGBFハイモックを頑張って組んでみた

 はいっ。今回は、タイトル通りの内容でお送りいたしますよ。

 ハイモックは、アニメ「ガンダムビルドファイターズ」終盤に登場したシミュレータ用ガンプラ・モックを、第2シリーズ「トライ」の段階までに変更されたレギュレーションに伴う改良を加えた機体。誰ですか、ただのリカラーとか言ってるのは(笑)
 それゆえ、パラメータの設定次第で様々な戦局を再現する事が出来るという特性を持ち、それは「身体中随所にジョイントを持つ」という汎用性の高さと、ガンプラ本体としてはHGBFシリーズ中最安価な機体と言う形で、立派に再現されています。
 純正武装については、先日武器検証班が紹介してくれましたが、今回はハイモック本体を「いつもよりちょっとだけ気合を入れて作りたい」と思ってしまったので、そのようにしちゃいました。
IMGPA9061.jpg 「めずらしく週末更新じゃないと思ったら、これか~い」まあまあ(笑)
 普段はなんでもブンドド重点だけに、ガンプラは原則としてパチ組みオンリーか、そうでなくてもスミ入れなんてほとんどやりもしない我が家ですが、はてさて…?
.

 こんなん出ました。
IMGPA9113.jpg
 本当なら全塗装とかまでするべきだったんですが、いかんせん筆塗りオンリー環境の我が家では、ケンプ=アルファの例を出すまでもなく「死ぬほど大変だぞ」になってしまうため、今回は部分塗装で妥協しました。
 本体はガンダムカラーのUG07(MSディープグリーン)とUG09(MSグレージオン系)に近似した色で成型されていますし、塗装が必要な部位も、UG06(MSグリーン)で事足りてしまいます(あとはバーニア内部のレッドくらい)。
 つまり、ハイモックを塗装するなら「ザク用カラー一式」を持ってさえいれば、まったく大丈夫って事になります。
 その一方でスミ入れペンについては、油性ペン・筆ペン・流し込みペンの三種類をフル活用しました。以前スミ入れしたほぼ唯一の作例ことヅダ=シーカーの時は筆ペンだけでしたから、これだけでもパチ組み勢としては大きな一歩です(^^;
 ところで、前作のモックはほとんど白色。なんだかプレバンとかで出せちゃいそうですね…

IMGPA9095.jpgIMGPA9115.jpg
 カメラアイは、ビルダーズパーツHDのMSサイトレンズ01に置き換え。レンズの表にクリアレッド、裏にシルバーを塗って金属粒子の見えないメタリックレッドを再現しました。
 両肩の赤い部分はパチ組み状態ではシールにて再現されていますが、この作例ではシルバー塗装→ジェルクリア→クリアレッド塗装という、ちょっとゼェタクなやり方を試してみました(ついでに、腰部アーマーのディテールも同じように処理)。
IMGPA9094.jpgIMGPA9096.jpg
 本体以外の使用パーツはモックアーミーセットの他、(ブチョーさんからの借り物の)パワードアームズパワーダーから、ミサイル及び専用ジョイントをチョイス。
 本体にある3mmアタッチメントの多さを利して武器をガン積みしても良かったのですが、その方向性はインスペとかジム=フルコートカスタムでとりあえず充足しちゃったので、今回はあえてシンプルにまとめてみました。

IMGPA9118.jpg
 そして、ジェノアスさんとの対戦!

IMGPA9120.jpg 「がんばって、ジェノアスさん」

IMGPA9125.jpg
 くるしい たたかいでした。『ぴぽーぅ…』

IMGPA9117.jpg
 という訳で、お求めやすくいぢりやすく、そしてたくさんいても全然問題ないHGBFハイモック。
 皆様のバトルホビーライフを彩るこの1体、ぜひぜひ導入ご検討のほどを。

 ではでは、また!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。

何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR