不定期連載ノベル/第1回

 こちらは当BLOG開設3周年記念特別企画として始まりました連載ノベルっぽいもの、その第1回となります。
 文字絡みの二次創作につきましては本拠地活動で若干の蓄積があるとはいえ、なにしろ神姫ジャンルで物を書くのはこれが初めて。共通見解をとりやすいアニメ版をベースにお話を構築してみる事にしましたが、やはりいろいろと足りない部分、間違ってる部分なんかがあるかもしれません(恥ずかしながらバトロン/バトマス問わず、ゲーム側にはまるきりノータッチですし…)。
 そのあたりは、出来る限りうまくカバーできるよう頑張ります。

 なお、いかんせん不定期連載ですので、カテゴリ「三周年記念企画」でご覧になると幸せかなと思います。
 それでは、よろしくお願いいたします。
.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ひななな-湘南神姫、かく戦えり-」第1回


 潮風が熱を帯び始める頃、6月の終わり。
 湘南・江ノ島の岩場の片隅で、少女がひとり刀を振り続けていた。
 縦、横、斜め。波濤を前に飛び掛かり、また飛びずさって距離をとる。

 年の頃は10代後半であろう。青みがかった髪を黒いヘッドアクセサリーで纏め、両方に分けている。その身には黒を基調とした色合いのぴっちりとしたスーツ……いや、これはあろう事か、身体に直にペイントされているものだ。
 とすれば、どう考えてもしかるべき場所へと通報されなければおかしい類の話となりそうなものだが、時々近くを通りすがる観光客達は彼女の行動を咎め立てもせず、それどころかその存在を知覚すらしていないようだった。
 ……なぜなら。その少女の身長は15cmほどしかなく、つまるところ人間ですらなかったからだ。


IMGP3030.jpg
 彼女達は「武装神姫」と呼ばれている。
 この時代、世間一般にすっかり普及したホビー用小型ロボットの例に漏れず、特殊な樹脂と金属とを複合して出来ているその身体は、しかしながら一様に可憐な女性ないし少女の姿をしている点、更に人間との高度な対話が可能な自律型AIを備えているという点で、大きく異なる。
 基本的に「マスターとして登録された人間」に尽くすようプログラムされた彼女達は、各々に備わる武装をもって“戦い”の場に赴き、そして勝利を収める事を主な存在目的としていた。

 彼女はそれらの中でも「ストラーフMk.2」としてカテゴライズされる機種の1体。
 ちなみにMk.2というからには前モデルが存在する訳だが、それは「武装神姫」黎明期のベストセラーと呼ばれ、クロスレンジでの格闘戦に特化した名機であり、その血脈を受け継いだMk.2機は、より総合戦闘力の向上を図った最新鋭モデルとして、これまた巷に好評を博している。
 なるほど、彼女の持つ刀“コーシカ”もまた同機種に標準で備わっている武装のひとつであり、今行っているこの行為こそまさしく、彼女自身による武技の鍛錬に他ならないのであった。
 しかしさしあたり、この物語においては、彼女の事を“ストラーフ”と呼んでいくことにしよう。

IMGP3045.jpg
 今一度、裂帛の気合を込めた刀が、打ち寄せる波に向かって振り下ろされた。人間から見ればただの漣に過ぎないが、神姫にとっては身を攫われる程の波濤であるから、決して油断してよいというものではないだろう。
 その波濤に乗って偶々流されてきたペットボトルが、今の一撃で綺麗に真っ二つ。どうやら彼女の刀の腕前は、かなりのもののようである。

 哀れなペットボトルが波間に消えた後、青い髪の神姫は唐突に構えを解いて、その場から少し離れた。
 波の掛からない岩場へと飛び移り、深い溜息ひとつをついて、手にした“コーシカ”に目をやる。
 これまでに何百、いや何千回と振り下ろしてきたであろうその刃には、陽光が鋭く照り返しを見せていた。

 ややあって、今一度の深い溜息。
 どうやら武装神姫の最新鋭機種であるところの彼女には、何らかの悩み事があるようだ。
 ―――それも、思い詰め一歩手前の。


 その時。頭上から響く声に、少女は思わず頭上を仰ぎ見る。
 『およ、神姫……?』そこにいたのは、桜色の髪の少女……いや、サイズからしてこれも神姫であろう。しかし、素体そのもののシンプルな姿であるストラーフ自身とは違って衣服を纏うその様は、さながらそのものズバリ“お人形さん”のようであった。
 そんな“お人形さん”が今、頭上の岩場からストラーフを覗き込んでいたのだ―――。
IMGP3012.jpg


【おことわり】
 この物語はフィクションです。実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
 また、この物語は「武装神姫」シリーズ関係の二次創作物であり、同シリーズの公式設定等を基にしてはおりますが、作者の解釈により若干の差異の生じる可能性がありえます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR