黄変対策、ちょっと捻ってみるなど

 さて。誕生日でちょっと浮かれてたりしなくもない我が家ですが、ちょこちょことやるべき事もやらなくてはという事で。

 神姫さんの一部にみられる、手首の黄変。我が家でもとうとう見られるようになりました…というのは、ナナに次ぐ最古参のジェイド。彼女は特に「手首パーツが黄変しやすい」とされる世代にあたる型のひとりです。
IMGP2285.jpg これが、問題の手首パーツ。
 何とかして直してあげないといけない訳ですが、Mr.カラーだと塗膜が硬くてブンドドしているうち割れてしまいますし、Vカラーはその特性上決して気軽に使えるものではなく。
 で、どちらも使う訳には行かない我が家は、この問題を前にどう対処したか?……というのが、今回のお話です。
.

IMGP2676.jpg
 結局我が家で使用しましたのは、昔1/6ドールのアイペイント用に使っていましたリキテックス。ソフビ製のパーツに割れる事無くよく追従し、悪臭もほぼ発生せず、隠ぺい力も高めでなおかつ乾けば耐水性というスグレモノです。
 画像のは10年以上前に使っていた実物ですが、まだ使えます。

IMGP2290.jpg
 これが一次塗りの状態。いくら隠ぺい力が高いといっても白色ですので、やはり充分ではありません。
 ここは、重ね塗りで対処します。

IMGP2674.jpg
 そして、こちらが二次塗りの状態。もうほとんど違和感がありませんね。
 流石にパーツそのものが劣化している上から単に塗っているというだけの事ですので、そうそう無理な事(例:みぎぃするレベルの武器を持たせる等)はさせられませんが、少なくとも見栄えはぐっと良くなりました。

 耐久試験などはまだまだ時間を掛けなければ何ともいえませんが、もしうまくいけば、他の黄変した手パーツも綺麗に見せ続ける事が出来るかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現状、手首パーツはほぼ替えが聞かないですし大変ですよね…。

今の所、我が家の神姫さん達は大丈夫ですが・・・それでも今後
どうやって補修していくかが課題になりそうです(^^;

No title

>龍牙さん
 ですね。本当に切実な問題です。
 なお、手首パーツは粉々に砕けさえしなければ、瞬間接着剤でくっつけてあとは派手に動かさないとかいった対策になると思います(、、)
プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。

何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR