まったり金沢八景(の一部)!

DSCFA5034.jpg
 「どうも、ナナでーす♪」今回はいつもの湘南逍遥とは趣向を変えて、金沢八景界隈へと足を伸ばしてみました。
 かの地域といえば、有名なのはなんといっても八景島シーパラダイス!…ですが、我が家はあえてその対岸・野島公園へとぶらり旅します。
 実はこの近辺こそ、古くは金沢八景の一「平潟落雁」および「野島夕照」、最近ではかながわの景勝50選で知られた場所だったりする訳で。

DSCFA5007.jpg
 しかし、流石は潮干狩りスポット。ご覧の通り家族連れが大勢!園内のあちこちには、それっぽいファミリーテントがたくさん設置されておりましたよ。
 しかも園内のキャンプ場にはボーイスカウトの皆様が大挙していらしておりましたんで、いつものように一撃離脱戦法とはいえ、神姫ingもちょっと大変。
 さてさてこんな状況で、果たしてどうなりますやら…?
.

DSCFA5093.jpgDSCFA5009.jpg
 まず、やってまいりましたのが此方…旧伊藤博文金沢別邸。明治時代に建てられ、数年前に再整備が完了したばかりの格調高い別荘建築です。
 邸内には牡丹園もあり、この時期では流石に花の時期も終わり気味でしたけど、春の新緑が瑞々しさを感じさせます次第。

DSCFA5046.jpg
 そして、そんな中でも自重せずに飛び回るのは、もちろん我らがナナ。「えへへ~☆」

DSCFA5010.jpgDSCFA5022.jpg
DSCFA5019.jpgDSCFA5021.jpg
 しばし、いつもの調子でお楽しみください(笑)

DSCFA5050.jpg
 「…ボクも」おやおや、ローゼが出てきましたよ。
 いつもいつもお出かけの時はナナに随伴する事が多い彼女、今回も例に漏れません。

DSCFA5044.jpgDSCFA5037.jpg
DSCFA5027.jpg
 で、ふたりして飛び回る訳で…(笑)

 その後、しばし園内を一周してみる事にした一行。人の多い所はさすがに避けて、まずは地元の鎮守社におまいりします。
DSCFA5055.jpgDSCFA5052.jpg
 あれ?ナナとローゼは…?

DSCFA5058.jpg
 …いました。近くに、別の上り階段を見つけたようです。
 結構長いその階段を上りきると、そこは…

DSCFA5060.jpg
 「展望台…きたーーーーー!!」

 展望台の足下には、緑の広場。
DSCFA5082.jpg
DSCFA5062.jpgDSCFA5081.jpg
DSCFA5077.jpgDSCFA5075.jpg
 そしてここぞとばかり、早速飛び回る2人。

DSCFA5073.jpg
 とうとう、展望台を制覇してしまいました(笑)

DSCFA5064.jpg
 砂浜とは別アングルで、シーパラダイス方面をパシャリ。

DSCFA5110.jpg
 で、そろそろお茶の時間。という訳で再び博文別邸へ戻って、抹茶をいただきました。

DSCFA5113.jpg
 濃厚な磯の香り漂う涼風を感じながら、ついつい時間を忘れて絶景を楽しんでしまいました。

DSCFA5115.jpg
 さて、博文別邸で出られなかったローゼは、近くの「海の公園」でカフェボールなるスイーツを独占。
 「たまにはボクも…と言ってみた」
 実は、このあたりも金沢八景の一「乙艫帰帆」であった場所なのですねー。

 海の公園は流石に東京湾内。波も静かで、海ドボンには好適かと思われたのですが…
DSCFA5117.jpgDSCFA5119.jpg
 ナナを海苔まみれにするのもアレなので、断念しました(笑)「ちぇっ☆」

DSCFA5120.jpgDSCFA5122.jpg
 さて、そろそろ日も陰ってきましたので、締めとして一行は称名寺へ。

DSCFA5123.jpgDSCFA5128.jpg
DSCFA5130.jpgDSCFA5132.jpg
 金沢文庫と金沢八景の一「称名晩鐘」で知られるこちらは、ご覧の通り庭園が見事に整備されています。

DSCF5161.jpgDSCF5157.jpg
DSCF5159.jpgDSCF5158.jpg
【5/3追加】春うらら。称名の梵鐘が見下ろす中で、亀たちも甲羅干し。
 ちなみに裏山は「称名寺市民の森」として開放されているのですが、金沢文庫ともども(時間の都合で)泣く泣く諦める事に。

DSCFA5140.jpgDSCFA5149.jpg
 …と、素直に諦めてくれるナナではありませんね(笑)「てへぺろ☆」

DSCFA5151.jpg
 「今回も楽しかったね、マスター!ローゼちゃん!」
 「ボクは…ナナと一緒なら、どこだって…」
 今回は初訪問、しかも思い立って急に足を運んだもので、湘南逍遥の時のような予定をきちんと立てられなかったのがちょっと残念要素。次回こそは、と拳を握り締めるのでした。

 どっとはらい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR