一念発起!ナナ髪複製ミッション再び

 10/7の身内集会の時に、ボークス横浜店へ寄って買いこんで来たこれらの品々……そう、シリコンとレジンキャストによる本格的複製!!
 ついにその進展を、この場でご報告する時がやってきました。

DSCF9986.jpg
 もともとは、ナナの髪パーツが落ちるなどした時の破損を防ぎ、あるいは塗り直さずにすませるための方策。なんだかんだで手が遅く、半月掛かってしまいました。
 果たして、どうなりましたやら…?

(注)非常に膨大な記事、かつ画像が多いですので、くれぐれもお気をつけてご覧くださいませ…
.

☆10/16 粘土埋め&第一次シリコン型取り
DSCFA077.jpgDSCFA079.jpg
 ここまでは上手くいっていたのですが、作業机からの搬送時にミスって、思い切り傾けてしまう事に。
DSCFA080.jpg中には影響が出ていなさそうでしたが、表面が波打ってしまいました。

DSCFA085.jpg
 型が完成するまでの間、ナナは仮ヘッドで過ごす事に。
 「なんだかすごい違和感ー…」

DSCFA081.jpg
 他にも、素体がへたっていたエリカのメンテナンスとかをやってたり。

☆10/17 シリコン、いまだ固まらず
DSCFA084.jpg
 アニメ神姫のOPとEDのCDが発売されてましたので、雨の中アニメイトまで行って買ってきたりして。
 それらを聞いている間に、ナナがあまりに後頭部の違和感を訴えるもので、この深夜にリペイントをしてみました。
DSCFA088.jpg
 その結果がこちら。「うん、バッチリ!」

☆10/19 硬化不良?
DSCFA090.jpg
 周辺部分はしっかり硬化した感じなのですが、中央部分が生乾き的ぷよぷよ状態のまま。
 どうやら「硬化する前に急いで型に入れなければ」と思うあまり、肝心の硬化剤の攪拌がうまくいっていなかったようです。
 各方面にアドバイスをいただいて、もうちょっと待ってみる事に。

☆10/20 型枠はずす&第二次シリコン型取り!!
DSCFA091.jpg
 で、1日待ってみたところ。なんとか固まっている様子であるため、思い切って型を外してみる事に。

DSCFA092.jpg
 うまくいってました!

DSCFA093.jpgDSCFA094.jpg
 早速粘土をこじり取ります。もちろん、原型がシリコン型から外れないように…。
 歯ブラシに水をつけて、磨く磨く…

DSCFA095.jpg
 離型剤ぬりぬり。これをやっておかないとシリコン型がくっついてエラい事になるという事で、しっかりやっておきます。
DSCFA097.jpg
 第二次シリコン型取りのためにシリコンと硬化剤を取り出し攪拌しますが、ここでえらい事が発覚。
 なんと、250gあるはずのシリコンが240gしかない事が発覚。どうやら第一次の時に10g多くぶち込んでいたようです…道理で固まらない訳です(^^;
 そして、攪拌する時は底が心持ち見えなくなるくらい 抉り込む様に 攪拌!
DSCFA098.jpg
 とにもかくにも、注入完了……またしばし時を待ちます。

☆10/21 型枠…はずれたー!!
DSCFA134.jpg
 第二工程、なんかあっけなく硬化してました。
 どうやら第一工程では攪拌不足か、もしくは主剤と硬化剤の比率が悪かったのが、なかなか硬化しなかった原因だったようですね。

DSCFA136.jpg
DSCFA137.jpg

DSCFA138.jpg
 さて、開けますよ~…「うまくいくかな うまくいくかな…」

DSCFA139.jpg
 ぱっかーん!「やったー!!」

DSCFA140.jpg
 これが我が家で初めての、本格的なシリコン型。なんか感無量。


☆10/27 その後の一週間
 でもって、いよいよカラーレジンを調色して注型……なのですが、この間ちょっとばたばたしていて、すっかり時間が開いてしまいました。
DSCFA158.jpg
 型が歪まないようクランプ板を使った方がいいという事で、調達してきましたよ。
 「百均まな板切断しただけだこれー…」
DSCFA163.jpg
 離形剤も別途調達。というか、調べてみたら実はこれだけで良かったとか…(笑)
 とにもかくにも、ふでふでぬりぬり。
DSCFA159.jpg
 型は、たぶんこれでOK…?

 今回は最初からカラーレジンで作るため、トナーの調色にも挑戦してみました。
 トナーはもちろん、レッドとホワイトを用意。硬化する時に少し白くなるという事なので、こころもち赤めに。
 今後の事も考えて、多く作って瓶詰めする…はずでした。

DSCFA166.jpg
 かくして出来上がってきたのは「薄い赤」。どう考えても「ピンク」ではありません。
DSCFA256.jpg
 一瞬にして心が折れかかるも、いただいたアドバイスから白にマゼンダを少量ずつ混ぜるという方法に思い至ります。
DSCFA257.jpg
 セカンドトライ。今度は白すぎ?更にマゼンダを加えて、それっぽくします。
 実は、このあたりが私的には一番難しかったところだったり…。

☆11/3 さあ、複製だァ!!
DSCFA259.jpg
 これで準備完了!?
 念のために、ベランダで作業をする事にします。

DSCFA260.jpg
 A剤12g、B剤12g、A剤にトナー少なめに1滴(底が見えなくなる程度に)。これが、様々な試行錯誤の元に編み出されたレシピ。
 出来上がったカラーA剤を攪拌してから、B剤をA剤のコップにさっと入れ、何度も注ぎあいます。
DSCFA261.jpg
 紙で作った漏斗から……いざ注型!
 最初は正確な分量が分からなかった(こんな失敗も…)のですが、予備のレジンを確保しておいたのが幸いしました。 

DSCFA263.jpgDSCFA264.jpg
 レジンが硬化して型が冷えてきたら、いよいよ取り出します。

DSCFA267.jpg
 我が家ではじめての、自作カラーレジンパーツ。
 やはり、感無量です。

DSCFA265.jpg
 「新しい前髪~!!」
 ついに手に入れました…“塗装し直す必要がないナナ髪パーツ”!!

DSCFA266.jpgDSCFA268.jpg
 しかし、ピンク色のカラーコントロールがとても難しい!
 5つ作った中でうまく色が出来たのは3つ、失敗したのは色が濃すぎて、シュメッターリングというよりはむしろエウクランテの色合いに…

DSCFA273.jpgDSCFA275.jpg
DSCFA272.jpg
 で、完成したものがご覧の通り。
 まだまだ課題は山積みながら、曲がりなりにも相応のものが出来上がりました。

DSCFA276.jpg原型と、複製パーツの相違点。
 言うまでもなく上が原型、下が複製パーツ。
 
DSCFA274.jpg
 「そんな訳で…作戦成功~!!」

 そういう訳で、今回の一連の出来事の中でお力添えいただいた皆様に、この場を借りて深く感謝いたします。
 品選びの際、いろいろと教えてくださったボークス横浜店の店員さん。
 複製の工程上、ついったにて何度もお力添えをいただいたたすくさん、れいさん、foxcat2さん、ふたみんさん、初瀬那珂さん、takamuraさん、功誌朗さん。
 初めての大作業を応援いただいた、凛々子さんにヒノさん。
 そして、なかなか腰を上げない私の背中を押してくださったCM社長。

 皆様のおかげで、我が家も大きな一歩を踏み出す事ができました。
 本当に、本当にありがとうございます!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おぉ、複製作業お疲れ様です!
実はTwitterも覗いてはいたものの声をかけるにはいたらず…(オイ

さすがに髪型のバリエーションが多いだけに型も大きく大変そうですね。
雪兎は前髪、後ろ髪だけだから型はかなり小さめです。それでも3回に1回は失敗するんだからもう…!
しかしキャストの髪のほうが軽いし表面処理も綺麗に出来るしでいいですよね。
あと量産できるし(しない

No title

>ちっぽさん
 ありがとうございます~!
 型はクレオスブロック台2枚分の、おおよそ13×13×3(cm)って感じですね~。全部手探りでやったらこうなってました…
 3回に1回は失敗、我が家もそんな感じですよ~。あちらを立てればこちらが立たず的意味で失敗がチョコチョコと…でもその失敗のお陰で、チホ(エウクランテ)にも新たな展開が見えそうです。

 髪パーツは…保全用の量産はしていくと思います。あとなにげにヂェリカンを増やしてみたいところですね(笑)
プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR