FC2ブログ

新たなる機体、ウィズメル

 このブログの趣旨とは若干異なりますが、重要な事なのであえて書きます。
 過ぐる5~7日の間、台風と梅雨前線との影響によって日本列島の西側を中心とした大きな範囲に豪雨が降り注いだ結果、甚大な損害と犠牲が出てしまいました。
 8日現在においても災害の影響は列島各地に強く残り、いまだ雨が降り続いている場所も多いため、救難活動も困難を極めているといった有様ではありますが、どうか皆様、ご無事でいらっしゃいますように……

 さて今回は、なんだかんだでこの梅雨~豪雨の間にひっそりと作ってたガンプラをアップさせていただきますよ。
IMGPG2547.jpg
●YMS-08rb ウィズメル
 1年戦争末期、キャリフォルニアベースの奥底に遺棄されていたMS-08TXイフリートの予備パーツを中心に、その場の「アリモノ」を集め1体のMSとして統合整備した、事実上のワンオフ機。
 機体そのものは無理矢理寄せ集めた感が強いものの、結果的には大幅な軽量化と高機動化に成功しており、様々な武装オプションによって戦場を選ばない堅実な仕様となった(大気圏外での使用も可能である)。同時期に大気圏外で稼動していたとされるMS-19「ドルメル」との類似点も見られないではないが、実際は「単なる偶然」らしい。
 なお「何故このような機体が作れたのか?」と言う素朴な疑問に対し、開発者は笑いながら「マンガだからね!」と返したという。

 …という設定のガンプラ。
 そもそもビルダーはGファクターと同一であるため、上記の設定経緯も同機のそれとほぼ同一と思われる。
 要するに「細かい事がめんどくさい」だけというオチ。
.

IMGPG2515.jpgIMGPG2517.jpg
 通常態。背中ではなく腰に推進器を置く、ザクよりもゲルググあたりに通じるスタイル。
 機体名には「フルメド」「ヴルカン」「ズビアン」なんて案もありましたが、どことなく「ドルメル」にシルエットが似てるかな?って理由で決めました。
 1年戦争時代のMSとしては珍しいメイス装備ですが、これは言うまでもなく「MSオプションセット5&鉄華団モビルワーカー」からのもの。設定としては「パイロットの趣味で“殻の上から殴った衝撃は実際ハンパない”というコンセプトに基づいており、重量は嵩むものの複雑な機構を持たない分、交換・補充が容易という利点を持っている」という事で。
 ちなみにカラーレシピがこちら。我が家の例に漏れず、例によって筆塗りです。
  ・頭部、腕、脚……[319]薄松葉色
  ・胸部……[17]RLM71ダークグリーン
  ・内部フレーム、爪先……[18]RLM70ブラックグリーン
  ・バーニア、スラスター……[UG09]MSグレージオン系
  ・一部武器……[FC01]フレーム&ウェポングレー、[33]つや消しブラック
  ・センサー部……[77]メタリックグリーン

IMGPG2526.jpg
IMGPG2520.jpgIMGPG2521.jpg
 さて、背中をあけておいた最大の理由は此方、ティルトローターパック。
 基本的には素組み状態。ジャングル戦を想定して、ペイロードにはチェーンソウと3連ランチャーをチョイスしました。
 ランチャーから発射できるのは信号弾や煙幕弾、実弾まで様々という設定です。

IMGPG2527.jpgIMGPG2530.jpg
 大気圏外仕様「ウィズメル=ハイバーニア」。
 こちらでは一転して機動力を重視し、バックパックを装着。使用しているのはオリジンザクⅠのバックパックですが、ジョイントの規格が微妙に違っていてそのままでは使えないので、ビルドシリーズ共通の2穴ジョイントを使ってくっつけています。
 武装はメイスに代えてバインダーガン、アサルトカービンに代えてチェンジリングライフルを装備。

IMGPG2534.jpg
IMGPG2536.jpgIMGPG2187.jpg
 そのチェンジリングライフル、厳密には「改」というべきものでして。
 チェンジリングライフルをベースに、上部のグリップを着脱式に変更。ジャンクパーツを組み合わせて、ストック部分を作りました。

IMGPG2541.jpg
 前述「MSオプションセット5」のバスターソードを転用した新形態“ザン・カン・トー”。
 ランチャー本体の出力を、ソードの加熱に使用するという感じ。

IMGPG2538.jpg
 ストックの尾部パーツを外して腕を直接繋げば、“チェンジリングバスター”へとパワーアップします。
 更にストック基部まで外し、上部の蓋してある部分を通常のグリップ(軸長改造済み)に交換すれば、通常のチェンジリングライフルに差し戻す事が可能です。

IMGPG2178.jpgIMGPG2184.jpg
 製作中のあれやこれや。
 基本的にはイフリートシュナイド、オリジンザク、グフR35のミキシングですが、足首から先は接地性の高いグフ戦術実証機のものを使っています(前腕部もヴァッフのがよかったかなぁ)。
 持っているのはスピニングブラスター、両肩にはバリスティックウェポンズのファンネルコンテナ。本来は、これらを装備するためのガンプラとして作る予定でした。
 ところが、こうしてティルトローターパックを付けたら「存外イィ……」となっちゃったのが運の尽き(笑)

IMGPG2203.jpg ちなみに没武装は、部品取りに購入したオリジン旧ザクに転用。
 本来はファンネルラックを取り付けるシールドパーツを想定していたのですが、そういう訳で使ったのはスパイクアーマーの方でした。
 でもスピニングブラスターはもっとでかいので、どうしたものやら……(^^;

IMGPG2513.jpg
 全装備を並べてみたら、こんな感じ。
 何だかんだで、そこそこ渋味の利いたような?機体に仕上がったかと思うのですが、いかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は、ミニ四駆にも手を出してみたり。
(マシンリストはこちら

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
時々、つぶやき。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR