発動!真・湘南海ドボン制覇計画!!

IMGPE2735.jpg
 「今年も、あたしのシーズンが!きたぁーーー!!」
 という訳で。先頃ついに解禁されました、ナナによる2017年の海ドボン。
 昨年の「三浦半島海ドボン制覇計画」に続き、本年はついに「真・湘南海ドボン制覇計画」を発動します。

 さてこの時、問題になるのは“湘南とは何処から何処までなのか?”
 そもそも湘南という地の定義自体が昔からあやふやなのですが、現在神奈川県が進めている「かながわシープロジェクト Feel SHONAN」によりますと、東は三崎から西は湯河原までの「相模湾沿岸の総称」としています。伊豆半島西側は違うんだ…
 そこで今回の企画では、同プロジェクト提唱による当該エリアから(昨年制覇した)三浦半島西岸一帯と江ノ島を割愛しまして、片瀬以西湯河原までの海岸にトライしてみようと思います。
 三浦に比べて総じて波が高くなるため、必然的に小さな体の神姫で冒す危険はより大きくならざるを得ませんが、この壮途を制覇してこそナナは、今度こそ(笑)真に「湘南海ドボン神姫」を名乗れる事でしょう。
 そんなわけで皆様、応援よろしくお願いいたしますね!

 で、この記事の続きにはそのトライポイントと出撃日時、及び大雑把な総評を記録してあります。
 作戦期間中は随時更新していく予定ですので、どうぞお楽しみに!

続きを読む

スポンサーサイト

ナナの西湘攻略作戦⑦平塚・ビーチでパークな湘南大橋西岸

IMGPE4319.jpg
 「おやー!ひらつか、きたぁーーー??」
 と、ナナが不思議がるのも無理はありません。そもそも今回の西湘攻略作戦の作戦地域に、この平塚一帯は含まれていませんでしたからね。
 実は二宮大磯地域での期待外れ&不完全燃焼ぶり連発から、時間が変な感じで余ってしまったのです。
 それでも夕刻は容赦なく迫っていたため、湘南大橋東岸とのセット攻略はこの際すっぱり諦めて、急遽やって来たって訳ですよ。

IMGPE4318.jpgIMGPE4317.jpg
IMGPE4320.jpgIMGPE4321.jpgIMGPE4322.jpg
 という訳でその湘南大橋西岸、湘南ベルマーレひらつかビーチパーク
 まだ日本全国が好況だったバブル末期、「通年利用できる未来型ビーチ」をテーマに従来の海水浴場から大幅に整備され、ビーチバレー場やカフェスペースなどを完備しています。
 国道134号線を挟んで隣接する湘南海岸公園(平塚)とは歩道橋と海岸・砂防林内の通路で接続されており、事実上ワンセットで運用されているといっていいでしょう。
 冠として戴くのも、近傍の茅ヶ崎がサザンオールスターズなら、こちらはJリーグサッカーチームの湘南ベルマーレ、って感じ。

IMGPE4325.jpg
 「ほいじゃ、行って来るよレイカルさん!」「おう、行って来い!!」
 それでは!作戦遂行2日間中最後のトライ、とくとご覧あれ!!

続きを読む

ナナの西湘攻略作戦⑥大磯一帯 日本初の海水浴場

IMGPE4261.jpg
 たった1日にして酒匂海岸二宮袖ヶ浦、両極端な海を渡り歩いたナナ。
 次に訪れたのは(過去にも何度か足を運んだ)大磯町、その海でありました。

IMGPE4258.jpgIMGPE4259.jpg
 ここには平塚方面から漁港へと続き、現在海水浴場として知られる“北浜”と、

IMGPE4284.jpgIMGPE4283.jpg
 その西側・照ヶ崎から二宮方面へと続く“こゆるぎの浜”という、2つの海岸が存在します。
 これらの海には、海水浴シーズンに突入して二進も三進もいかなくなる前に行っておきたかったのです……というのも。

続きを読む

ナナの西湘攻略作戦⑤二宮・袖ヶ浦 消え去りし浜のその後

 さて、我らが海ドボン神姫の次なるトライポイントは、二宮駅を挟んで吾妻山とは反対側に位置するこちらです。
IMGPE4243.jpg
 「……ここは袖ヶ浦……らしいが、本当に海岸なのだろうか?」 画像からでも急峻な地形が伺えますが、この下にかつて海水浴場があったといわれていて、丁度ナナが向かっていたのです。
 「そしてししょーは、にゃーくんをまってるのれすね」「その通り」

IMGPE4237.jpg
 「それで、我々はここで待ってる訳だが……このプールは使われてないのか?」 
 「そのようです。データに拠れば1959年完成との事ですけど、老朽化が原因なのでしょうか」

 そこに、ナナが戻ってきました。
IMGPE4256.jpg
 「・・・おかえり。なんか早かったな?」
 「うん・・・あそこはいくらあたしでも、ちょっとヤバかったわぁ」
 百戦錬磨のナナをしてこうも言わしめる、二宮袖ヶ浦の惨状とは……果たして?

続きを読む

ナナの西湘攻略作戦④見出した理想郷!酒匂海岸

IMGPE4057.jpg
 「はぁーい、ナナです!今回のトライは、小田原・酒匂海岸だよー!」

IMGPE4062.jpgIMGPE4063.jpg
 ここは、富士の東麓を源流とする酒匂川が相模湾へと流れ込む一帯に広がる海岸。上流から流されてきた砂州がいい感じに張り出して、この界隈では珍しく広大な砂浜を形成しています。

IMGPE4060.jpg なんと、駐車場(しかも無料!)まで。
 湘南海岸一帯の景観と浜の状態を著しく損ねている西湘バイパスも、ここでは結構後方で比較的目立たない存在となっていますが、その西湘バイパスからも直接この浜に来る事が出来るのです。

IMGPE4055.jpg 一見した限りじゃとてもとても分かりにくい、酒匂海岸へのエントランス。
 なんと西湘バイパスへ続く道の、途中から枝分かれしています。この画像では向かって右側に大型スーパーがあるものだから、なお分かりにくい事に。
 御幸の浜/山王海岸からさほど離れていないにも関わらず、撮影が2日目のスケジュールになってしまったのはこれが原因半分、1日目の不発弾騒ぎがもう半分。

IMGPE4118.jpgIMGPE4101.jpg
 雲ひとつない青空にはトンビの姿もなく、時折パラグライダーが飛んでいるくらい(つまり、それだけ余裕があるという事)。
 そんな爽やかでのんびりとした風情ある海に、いよいよ往きます!湘南海ドボン神姫!!

続きを読む

ナナの西湘攻略作戦③二宮最大!梅沢海岸

IMGPE4207.jpg
 「にーのーみーやー!きたぁーーー!!」
 という訳で今回は、題記の作戦展開中二宮・梅沢海岸での海ドボンっぷりをば。

IMGPE4205.jpgIMGPE4232.jpgIMGPE4204.jpg
IMGPE4208.jpg
 梅沢海岸は、二宮漁港突堤の根元に広がる砂浜。例によって西湘バイパスの下敷きになってしまってますが、駐車場・トイレはしっかりと完備された、このあたりでは本当に珍しい海岸です。にゃんこもいるよ。
 突堤の上には大勢の釣り人たち。このあたりではイシモチやキスがよく釣れ、定期的に朝市が開かれている他、時には地引網も行われるのだとか。
 ……なーんて、説明している隙もあらばこそ。

続きを読む

ナナの西湘攻略作戦②国府津海岸、地味なれど底深し

IMGPE3899.jpg
「こーうーづー!きたぁーーー!!」
 さてさて今回は、タイトルにも記しました作戦中より5/20行動分、国府津海岸での海ドボン作戦についてお話いたしましょう。

 「国府津」とはそもそも律令制の頃、大磯西部にあった相模国府の港として機能していた事にちなんだ地名。
 明治以後は、当時御殿場を回っていた東海道旧線(現在の御殿場線。現東海道線は小田原~熱海回り)の重要拠点として「鉄道唱歌」にも歌われる程であり、また湘南界隈の例に漏れず大隈重信・徳川慶喜・西園寺公望ら名士たちの別荘が置かれていました。
 大正期に頻発した大災害を始めとする時の流れの中でその殆どは失われ、今ではすっかり隣接する小田原・大磯といった各地の陰に隠れた地味な場所となってしまいました。
IMGPE3904.jpg
 で、その海も……「むーん、なんだこれー…」と、西湘バイパスが上を通っているため、著しく景観を損ねる格好に。加えて、最近高波対策として嵩上げされた護岸が、海沿いの雰囲気を更に殺風景なものとしています。
 ただ、駅から海へのアクセス自体は非常に良好で、その昔の繁栄振りを僅かながらに偲ばせていました。駐輪場に至っては、駅そばに露天ながら良い場所が。

IMGPE3905.jpgIMGPE3906.jpg
IMGPE3910.jpg
 そして、その「地味さ」のお陰で、人気も少なくまったりとした海。ここ……駅前なんだぜ……
 という訳でやっぱり往きます、ナナ=シュメッターリング!!

続きを読む

ナナの西湘攻略作戦①小田原・静謐なる御幸の浜~山王海岸

IMGPE3669.jpg
「おーだーわーらー!きたぁーーー!!」
 と、小田原城ではなくあえて海を背負って登場したのは、もはや言うまでもなき我らが湘南海ドボン神姫・ナナ。今回は、真夏日となったこの2日間の最初の行程として、ここ小田原・御幸の浜こと山王海岸一帯にトライします。
 というか、ここからが本編です(ぁ

 ステージは、太陽輝く紺碧の海。バックコーラスは、打ち寄せる白波の音。
 驚くべき事に、三浦半島から江ノ島あたりではさんざん相手してきた宿敵こと、トンビの姿が見当たりません。おそらくは背後に西湘バイパスが通り、その向こうは既に住宅地であって、トンビが営巣できる条件には程遠いせいかと。
IMGPE3671.jpgIMGPE3672.jpgIMGPE3670.jpg
 ちなみに「御幸の浜」とは、明治初期に明治天皇と昭憲皇后(のち皇太后)が避暑のため箱根を訪れた際、この浜に立ち寄って漁夫の地引網を観覧したという事を記念して付けられた名です。
 市内最大の観光スポットたる小田原城からそう遠くはないにも関わらず、ほとんど人気もないこの閑静さといったら(近場の小学校で運動会が行われていましたので、その影響もあるのでしょう)。

IMGPE3676.jpg
 「対海装備への換装、OK!あたしのコンディション、オールグリーン!」 という訳でナナの準備もすっかり整ったようですし、早速参りましょうか。
 ちなみに他の小さな仲間達の状況については、こちらをば。

続きを読む

吶喊・暴風と波濤の辻堂海岸!

IMGPE2947.jpg
「はぁーい、ナナです!今日は、辻堂海岸にきていまぁーす!」
 という訳で、この日5/3はついにスタートした「真・湘南海ドボン制覇計画」の一環として、藤沢市は辻堂海岸にやってまいりました。
 場所としてはもう何度も行った事のある勝手知った場所ではありますが、なにげに海ドボン自体は初めてだったり。

IMGPE2946.jpg
 「それはいいんだが……これ、マジでやるのかお前ら?」「ん?もちろん!」
 レイカルさんが訝るのも、無理はありません。

IMGPE3057.jpgIMGPE3001.jpg
 この日の辻堂海岸は、折からの強い南風でご覧の有様。子供の膝上まで波が押し寄せ、カイトボーディングすら余裕って感じです。
 つまり、人間ならぬ小さな神姫にとっては大暴風もいいところ、一歩間違えば帰還不能となる最悪のコンディションといっても過言ではありません。

IMGPE2958.jpg
 「前にも言ったけど、あたしが海ドボンするのに大義名分などないのさー!」「って、もう着替えてるし」
 「仕方ありませんよ。これがお姉ちゃんなんです……」「まあ、ほんとに気をつけてな」
 「おうさーまかせとけー!」「やれやれ」

続きを読む

茅ヶ崎探訪!ヘッドランド、そして高砂緑地へ

IMGPE2728.jpg
 さて!湘南祭に沸くサザンビーチでの大暴れを終えたナナが、次に向かったのは……東にほどなく離れた菱沼海岸。

IMGPE2782.jpgIMGPE2789.jpg
 ここは“ヘッドランド”と呼ばれるテトラポットの塊を中心に砂浜が広がり、マリンレジャーの好適地となっています。
 当然夏場は海水浴場になりますので、作戦遂行するなら今のうち!だったりするのです(笑)

続きを読む

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR