“黒の貴公子”セットアップ!

 はいっ。「鉄血」本編の放送終了からはちょっと過ぎてしまいましたが、相変わらずのギャラホフレーム縛りな我が家。
 そんな訳で今回は、ちまちまと作っていた新しいグレイズがまた1機完成しちゃいました!というご報告をば。
 なおグレイズ祭りはこちら、ゲイレール祭りはこちらをどうぞ(笑)
IMGPE2222.jpg
☆グレイズリッターⅡ“ブラック・プリンス”
 形式番号EB-06rz。ギャラルホルンの最高峰「セブンスターズ」次席級の某名家預かりとされるMS。
 本来はギャラルホルン兵器開発部において、所謂“エドモントン事件”で得られたガンダムフレーム機“バルバトス”“グシオン(リベイク)”との交戦データからグレイズの相対的性能不足が露呈し、これに代わる次世代機向けに開発された新型エイハブリアクターの検証実験機として用意された機体である。
 機体構成そのものは06rs型(グレイズリッター)および05s(シュヴァルベ・グレイズ)をベースとしているが、エイハブリアクターの性能アップに伴って、その制御系には極限といえるレベルにまで手が入れられている。更に、ギャラルホルン自身がその本拠地に保管していた“バエル”“キマリス”等のガンダムフレーム機が厄祭戦時代に残した実戦データを基に調整を行った結果、確かに“キマリス”に準じる加速性能だけは獲得する事が出来た。
 しかしながらその代償として、元々05sの時点で繊細だった機体バランスが更なる尖鋭化を極め、グレイズフレームとしての機体強度を越える挙動を度々強いられた挙句オーバーヒートを引き起こし、テストパイロットの死亡事故にまで至ってしまう。
 この事故の結果、半壊した本機は予備パーツを用いて復旧補修こそされたものの“死を呼ぶ黒い奴”“到底実戦には使用できない代物”と散々な評価を与えられてしまい、以後は実戦に投入される事なく式典用の“置物”として用いられていた(金のカラーリングはその際に加えられている。なお完成当初は黒一色だった)。
 ちなみに正規の次世代機としては、新型リアクターの最大出力を抑えフレーム強度も相応に見直したレギンレイズが採用されたという事は周知の通りである。
 ただし、後年地球圏アフリカンユニオン領内で対MA戦案件が発生した事を受け、月外縁軌道統合艦隊“アリアンロッド”に所属する或る幹部パイロットの1人によって倉庫から持ち出された本機が、オーバーヒート対策のリミッターを急遽実装した上でかの最終戦に投入・運用されたという記録が残っており、その活躍に触発された一部中二病患者パイロット達により、のちにr型を基にしたレプリカ(当然性能的にはr型のまま)が何機か製造されている。
 その開発の経緯から、武装は先行生産型レギンレイズと同様のものを用いる。

続きを読む

スポンサーサイト

ゲイレールも、続々。

 はいっ。今回は三連休更新特集第1弾として、「鉄血のオルフェンズ」からHGゲイレールを使っていろいろ遊んじゃってると言うお話です。
IMGPE1683.jpg
 我が家のゲイレールも既に3(ヴァハを含めれば4)機。グレイズフレーム機と合わせれば既に旧ザクアメの7機を越え、そろそろ10機を越そうと言う大所帯になりました。
 ちなみにグレイズフレーム祭り全体については、こちらをどうぞ~。

続きを読む

蒼白の恐怖・ゼーアドラー

 はいっ。今回はかねてよりやらかしておりますグレイズ祭りの中から、新たに1機がひとまずの完成を見ましたと言う事で、独立した記事としてそのご報告をばさせていただくと致しましょう。
IMGPD9853.jpg
☆アドヴァンスド・グレイズ“ゼーアドラー”/EB-06ys
 元々はグレイズ通常機だったが、かつて或るエースパイロットの愛機となった際、シュヴァルベの予備パーツや実験機用パーツ、部位によっては市販流通されているテイワズ系MSのパーツなどまで用いて改造された機体。
 当初は真紅に塗装されていたが、その後監査局所属の或るパイロットへと譲られた際に彼のパーソナルカラーであるブルーグレーに改められた上で「ゼーアドラー(海鷲)」と名付けられた。
 上記の改造により、グレイズ通常機に比べて各種スラスターが増設され、シュヴァルベに比べるとエイハブリアクターのパワーバランスとコントロール系が全面的に見直されているため「グレイズの性能を“総合的かつ過激になり過ぎない程度に”向上する」という改造目的は達成されているが、逆に言えば機体性能としては「グレイズ以上シュヴァルベ以下」となるため、運用自体はあくまでも「グレイズ同型機」という扱いである。
 武装に関しては、監査局保有のシュヴァルベ他機種から発生した余剰品の他、改装の際に補填された変形メイスを使用。在来機に比べ「乱戦状況」をより想定されたセッティングとなっている。
 その戦い振りにより、敵対した海賊団などからは“蒼白の恐怖”と呼ばれ恐れられた……という。

続きを読む

次々続々、グレイズ。

 はいっ。本日1/21は、先日の秋葉原出撃においてこっそり?実行しておりました「妖怪グレイズおいてけ大作戦(お豊風命名)」の戦果を、ちまちまと作品に反映しておりました。
IMGPD8667.jpg
 で、その結果をこの記事に順次インデックス的にアップしまーすというお話。
 現時点でほとんどが暫定状態の未完成品ですので、完成したら順次個別の記事を作っていこうかと~。

続きを読む

それは、もはやゲイレールではなく

 はいっ。ここ最近「そろそろ旧ザクアメとは別のガンプラも作ってみよう」とか思ってたのですけど、それがようやっと完成しましたのでここにご報告させていただこうと思います。
IMGPD8701.jpg
 それが、こちら「モビルヴァハ」!ゲイレールを軸に組み替え、リペイントした機体です。
 ゆえに最初の名前は「ビルドゲイレール」だったのですが、「ここまで別物なら、いっそ新しい名前をつけた方がよりらしいよね」という理由で、ケルト神話の三女神「バイヴ・カハ」の1人「ヴァハ(マッハ)」から名前を戴いて、こうなりましたよ。

IMGPD8675.jpg
●モビルヴァハ/EB-04_Mc
 かつてギャラルホルンにおいて、儀仗用として用いられていたゲイレールのなれの果て。グレイズシリーズの登場によって用途を失い退役・放置されていたものが、民間警備会社「ローテハーケン」へと流出した機体である。
 オリジナルの武装は殆ど失われているものの、機体には元来から後継機グレイズに準じる試験的近代化改造が施されており、「ローテハーケン」の伝手による豊富な武装と相俟って変幻自在の戦術を展開。
 現在では真紅の塗装を施され、社長自ら率いるMS隊のフラッグ機を務める。
 なお、頭部がオリジナル状態のゲイレールより更に大きくなっている事については「更に1名の搭乗スペースを有するため」とか「有事の際にモビルワーカーとして分離できるため」といったような出所不明の怪情報があるとかないとか。

 さて、このガンプラには複数の武装形態が存在します。
 ここから先で、それらをご紹介して行く事にしますね。

続きを読む

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。

何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR