蒼白の恐怖・ゼーアドラー

 はいっ。今回はかねてよりやらかしておりますグレイズ祭りの中から、新たに1機がひとまずの完成を見ましたと言う事で、独立した記事としてそのご報告をばさせていただくと致しましょう。
IMGPD9853.jpg
☆アドヴァンスド・グレイズ“ゼーアドラー”/EB-06ys
 嘗てギャラルホルン兵器開発部において、「グレイズに続く次世代機の性能策定」を目的に開発された新型エイハブリアクターの検証実験機。
 とはいえ、フレーム自体はあくまで通常のグレイズフレームであり、次世代機用には“エドモントン事件”の戦訓から完全新規設計のレギンレイズフレームが採用されたため、この機体は半完成状態で倉庫内に押し込められていた。
 その後監査局所属の或るエースパイロットに見出されその愛機となった際、装着されていなかった装甲部分についてはグレイズ通常機やシュヴァルベの予備パーツ、部位によっては市販流通されているテイワズ系MSのパーツなどまで用いて補填され、彼のパーソナルカラーであるブルーグレーに改められた上で「ゼーアドラー(海鷲)」と名付けられた。
 機体性能こそ「グレイズ以上シュヴァルベ以下」ながらも、エイハブリアクターの総合スペックだけならレギンレイズにも迫るポテンシャルを持ち、出力に余裕が出来た恩恵で増設された各種スラスターと相俟って、図らずも「グレイズの性能を“総合的かつ過激になり過ぎない程度に”向上する」というテーマは達成された。
 運用自体は「グレイズ同型機」という扱い。武装に関しては監査局保有のシュヴァルベ他機種から発生した余剰品の他、改装の際に補填された変形メイスを使用。在来機に比べ「乱戦状況」をより想定されたセッティングとなっている。
 その戦い振りにより、敵対した海賊団などからは“蒼白の恐怖”と呼ばれ恐れられた……という。

続きを読む

スポンサーサイト

次々続々、グレイズ。

 はいっ。本日1/21は、先日の秋葉原出撃においてこっそり?実行しておりました「妖怪グレイズおいてけ大作戦(お豊風命名)」の戦果を、ちまちまと作品に反映しておりました。
IMGPD8667.jpg
 で、その結果をこの記事に順次インデックス的にアップしまーすというお話。
 現時点でほとんどが暫定状態の未完成品ですので、完成したら順次個別の記事を作っていこうかと~。

続きを読む

それは、もはやゲイレールではなく

 はいっ。ここ最近「そろそろ旧ザクアメとは別のガンプラも作ってみよう」とか思ってたのですけど、それがようやっと完成しましたのでここにご報告させていただこうと思います。
IMGPD8701.jpg
 それが、こちら「モビルヴァハ」!ゲイレールを軸に組み替え、リペイントした機体です。
 ゆえに最初の名前は「ビルドゲイレール」だったのですが、「ここまで別物なら、いっそ新しい名前をつけた方がよりらしいよね」という理由で、ケルト神話の三女神「バイヴ・カハ」の1人「ヴァハ(マッハ)」から名前を戴いて、こうなりましたよ。

IMGPD8675.jpg
●モビルヴァハ/EB-04_Mc
 かつてギャラルホルンにおいて、儀仗用として用いられていたゲイレールのなれの果て。グレイズシリーズの登場によって用途を失い退役・放置されていたものが、民間警備会社「ローテハーケン」へと流出した機体である。
 オリジナルの武装は殆ど失われているものの、機体には元来から後継機グレイズに準じる試験的近代化改造が施されており、「ローテハーケン」の伝手による豊富な武装と相俟って変幻自在の戦術を展開。
 現在では真紅の塗装を施され、社長自ら率いるMS隊のフラッグシップ機を務める。
 なお、頭部がオリジナル状態のゲイレールより更に大きくなっている事については「更に1名の搭乗スペースを有するため」とか「有事の際にモビルワーカーとして分離できるため」といったような出所不明の怪情報があるとかないとか。

 さて、このガンプラには複数の武装形態が存在します。
 ここから先で、それらをご紹介して行く事にしますね。

続きを読む

プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。

何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR