覚書的身内っ子メモ②

 という訳で今回も、「身内っ子」カテゴリーで頻繁に登場する「よそのこ」達を紹介して行きますよ。
 第2回(っていうか、身内神姫オーナーが増えなきゃこれ以上は増えませんけど…)は、大洞古稀麿㌠に所属する子たち!

IMGPB4465.jpg
★ABOUT:元老K改めミスターお兄ちゃんマン改め大洞古稀麿さま
 翠騎とはもう25年近くもの付き合いになる旧友というか腐れ縁というか、そんな存在。名前がこうも変遷した理由は(お察しください)。ネット環境を持たず、専ら横浜駅周辺で行動する。かつては硬派なメカマニアだったはず、だが今では……(遠い目)
 神姫個人については、だいたい公式展開終息の頃に店頭で売れ残っていた中からお迎えされた子の比率が高い。
 かつての血がそうさせるのか、武装ゴテ盛りや乗用メカの作成を好み、軽装や素体だけの子をお迎えしないという主義であるがため、今の所マテリア系やメガミデバイスの導入予定はない様子(当然、布服率もゼロ)。
 なお、愛用の塗料はファレホとシタデル。特にメタリック大好き。

続きを読む

スポンサーサイト

覚書的身内っ子メモ①

 ……という訳で、ですね。ここでは「身内っ子」カテゴリーで頻繁に登場する「よそのこ」達を、順次紹介して行きますよ。
 まずは第1回、IMI㌠に所属する子たちから!

IMGPC1780.jpg
★ABOUT:IMIさん
 元々は対戦格闘ゲームからの縁で長年付き合いのある身内にして、本拠地在籍メンバーの1人。という事でネット環境はちゃんとあるのだが、HPから見ても分かる通りの超★放置癖が最大の課題。
 一時期は、収容スペース不足に悩む我が家と分担して神姫をお迎えしていたため、現在も相当数の子が在籍しており、故に我が家にはいない形式の姿もみられる。ちなみに我が家のレイカルさんの元保有者
 模型への塗装は長らくしていなかったが、ビルドファイターズ放映を期に少しずつ始めた模様。ふぁいとっ、だよ。

続きを読む

清純派パワフルいいんちょ!キャロ

IMGP9453.jpg
★キャロ=K・シュメッターリング
 「はい、神姫部受付です!…えっ、またですかナナさんっ!?」
 型番PF07/K2E。CandyMeteor社の看板娘・く式さんの同系「シュメッターリングK」の特別仕様機。
 原型固有のK1モードがオミットされK2モードのみとなった代わりに、暗視や熱探知など様々な特殊機能を付与された「眼鏡型多用途スコープ」を最大の特徴とする。
 原型由来のヘッドセットは存置されたが、スコープの運用に特化した高密度集積回路が実装された(従来のDTM機能は、マイアに使用された技術を応用して頭部に移設)ため、歌唱力のみならず情報処理能力全般が大幅に向上。これら多機能化に対応すべく素体の基礎出力は大幅に上げられており、その分上がった消費電力についても、専用武装に超々高密度バッテリー及び(芽依で検証されていた)新型太陽電池を実装する事で補っている。
 それらの副産物として、固有の攻撃技「全力パンチ」を持つ。その名の通り全身の最大出力を練り合わせた一撃は僅かながら衝撃波による射程を持ち、直撃どころか巻き込まれるだけでも“正直シャレにならないレベル”の威力を誇るが、肝心の命中率がそれなりな上、下手を踏むとマニピュレーター部を損壊しかねないため多用が出来ず、この弱点を解決し得る追加武装の完成が待たれている(その後完成→KTアームズ)。
 神姫部加入後は、例によってチーム=メテオに所属。神姫部全体の受付を担当する他、実戦ではその特性を活かした偵察行動を得意とするが、「全力パンチ」の存在から実質上は強行偵察に近い。ただ標準武装以上に有効な射撃武器を持たないため現状では随伴機が欠かせず、この(以下略)
 性格はちょっとドジだが明るく生真面目。ともすればフリーダムどころかカオスな事になりやすい仲間達をその言動でよく切り回し、トレードマークであるその眼鏡も相俟って「いいんちょ」の渾名を頂戴しているが、当人は「せっかくちゃんとした名前があるのですから、名前で呼んでください!」と度々希望している(が、その点仲間達にはほとんどスルーされている)。

続きを読む

降臨・守護天使!ヴァチェル

IMGP4884.jpg
★ヴァチェル=G・アーンヴァル
 「守るべきもののために、私は戦うのですよ…」
 組織との戦いが続く中、エリーゼの一時戦線離脱によって、彼女に代わり配備された防衛要員。
 アーンヴァルガードはその名の通り、防御力特化のコンセプトで限定用途向けに生産されたアーンヴァル系列機であり、重厚な装甲に包まれた装備内部にはホバー走行機能およびフォースフィールド発生器が備わっている。
 元々の防御力は「初代ストラーフの攻撃を防御できる程度」であったが、チーム内での戦訓を踏まえて更なるカスタマイズを進めた結果、神姫サイズの通常武器に対しては極めて強固なレベルを発揮するに至っている。頭部以外の外装を外して、ウェルクストラ型の武装を軽装として使用する事も可能だ。
 性格は真面目でおとなしく、その上心優しいためおおよそ戦いに向いているとは言い難いが、それでもいったんスイッチが入ると自らの特性を最大限に発揮せんとするため、防衛あるいは護衛ミッション向きの性格といえる。もっぱらジェイドの指揮下で動いており、特に攻撃面しか考えていないようなメンバーの支援・救助役として出される事が多い。

続きを読む

蘇った古代の女王!セビィ

IMGP3560.jpg
★“セビィ”セベクネフェル(タイプ・トトメス)
「余は王にして神である!……などと、昔は言っていたものじゃがな。なに構わぬよ、汝は特別じゃ」
 本名セベクカラー・セベクネフェル、愛称“セビィ”。エジプトでAIを育成されボディをリボルバー・ラボで製作された、一点物の神姫。
 古代エジプトに存在した女王の名を冠せられているが、実は現世にどうにかこうにか復活した当人の魂が宿っている。彼女が死去した時、その身体は(当時の風習として当然のように)ミイラ化されていたのだが、いかんせん4000年近い時の果てに失われてしまい、その代わりとして神姫のボディに入り込んだ。
 非常にプライドが高く、現世の神姫たちに対しても臣下を扱うかのごとくする……が、それは実のところアーキタイプとして設定された部分。当人は過去での己のあり方を然程本意としていなかった節があり、はからずも得る事になった新しい「人生」の始まりの時こそ内面の不一致からかなりの混乱を見たものの、生前の時代には存在すらしなかった様々な事象に対する興味が勝って、折り合いをつける事が出来るようになった……と、当人は言う(セビィの愛称も「舌噛みそうですし!」とエリカにつけられたものだが、セビィ当人は面白がっている)。
 当人由来の資質として古代エジプト王家に伝わる神秘魔法を扱う事が出来る(来日後に判明するまで、この事実は知られていなかった)他、余技として杖を使った戦闘術も心得ている。その専用武装はアヌビスを模した姿で、巨体とパワーを利した格闘タイプだが、彼女の“専属ボディガード”としても機能する。
 チーム内においては「留学生」の立ち位置だが、バトルにおいては特にこれといったポジションを与えられている訳ではなく単独で運用についている。高い神格/霊格を持つ者(焔緋女ウェンダ)とはとかく張り合ってしまう事が多く、それらカテゴリに属する者の常として天羽にだけは頭が上がらないが、自らに対して一定の敬意を払う者には、リラックスした本来の姿を見せる。たまに、そうした姿を見られた反動でオーバーアクションに走ってしまうお茶目な一面も。

続きを読む

元気いっぱい!ふぁにゃん

IMGP3314.jpg
★ふぁにゃん=R=まおちゃお
 「にゃーん♪…にゃ、またお邪魔してます! それとこれ、マスターからです。いつもお世話にゃってます」
 ナナとジェイドにとっては「ご近所神姫」の1人。マスターはお隣の住人であるおしどり老夫婦で、孫代わりの存在として可愛がられたり家事を手伝ったりしている(ただし「招き猫型」だと思われている)他、近所で喫茶店を営む娘の家でウェイトレス神姫として働いている事もある。
 バトルなどには疎い…はずなのだが、実は「神姫としての嗜み」と称しつつ、なし崩し的にじゃれ合い(と言う名の野良バトル)を繰り返している。よってチームには正式加入していないが、私的には主にバトル面でいろいろな神姫たちに目を掛けてもらっている様子。
 ナナと出会ったのも、その縁でリペア/メンテナンスの手筈を付けてもらったから(マスター達は年齢柄その手の技術をほとんど持ち合わせていないため、時々「同じ神姫のよしみで」と、菓子折り持参で頼みに来る事がある)。
 天真爛漫で元気いっぱいな性格。マスター(達)の躾の賜物か丁寧な言葉遣いをしているのが特徴的だが、時々地が出てしまう事もある。そしてこれまた時々、な行を発音すると“にゃ”となりやすい癖があるが「招き猫型だし可愛いし…」という事で、マスター達にはお目こぼしされている様子(ナナの事も“にゃーくん”と呼ぶ)。
 平時・バトル時を問わず純正猫型の軽装を常用し、それ以外の装備は「動くとき邪魔にゃの」と主張してあまり使用したがらない(プチマスィーンズは例外)。特筆すべき戦闘技術を持っている訳でもないが、型破りでトリッキーなその戦法は、持ち前の強運も手伝って存外あなどり難いものがある。

続きを読む

天空を駆ける剣!クリステラム

DSCFA6453.jpg
★クリステラム“クリス”=ソニックバイパー
「コンマ一秒…その相違さえも、趨勢には影響するものだよ」
 チームの空中戦力を更に強化すべく、気鋭の神姫ファクトリー「リボルバー・ラボ」にオーダーの上作製された高機動空戦神姫。
 元モデルは高速で相手に接近し、武装展開後格闘戦で決着を付ける戦闘スタイルを持つが、支援機と分離している間の単体(LA)戦闘能力、特に火器を持たない点が課題となっていた。
 クリスにおいてはこの課題に対し、シールドと携帯火器を装備して解決を図る一方で、ウィングパーツを追加する事によって、LA時での飛行能力及び武装展開の際に発生するロスタイムの軽減も実現している。

DSCFA6455.jpg このウィングパーツは、合体時にはサブウィング基部に装着され、追加スラスターの役割を果たす事で飛行時の自由度向上もはかっている。

DSCFA6446.jpg
 精密かつ迅速な行動をモットーとし、そのために事前のデータ照会と計算を欠かさない。そうして構築された戦闘行動は概ね完璧に近いのだが、一度パターン崩れを起こしてしまうと脆い面も曝け出す。
 チームにおいては当然空戦班に所属。ジェイド(X-Viper装備)、シェリー(厳密にはネイト。ビックバイパー型)に続く3機目のViper名称機という事から、フライト時のコールサインは「バイパースリー」となっているが、実際にはシェリーとのコンビネーションをとる事が多い(チームにリルビエート型がいないため、その役割を補完しているという話も)。

続きを読む

チーム=メテオ専属メディック!マイア

DSCFA4224.jpg
★マイア=シュメディック
「難しいのかもだけど、怪我しない程度に戦ってね?」
 型番PF07-Ns。量産型シュメッターリングの販売元であるProduction Fairies社で独自開発され、チームに供与された医療活動用神姫。
 開発系統としては同社独自開発のシュメッター系列機「Black」の流れを汲み、同機向けに開発されていた電磁フィールド発生装置を、主に「MMS管理機構が設定した基本レギュレーションの遵守」と「機体開発コストの節減」、更に「PF社と関係の深い製薬会社提供の医療ドラマへの出演」といった様々な理由から、ブライトフェザー型の仕様に準じて調整した上で搭載している。本来の機能は所謂「隠し機能」として存置されているらしい(最大出力時に現れる「蝶の羽」がその証拠とも考えられる)が、このあたりの真相は必ずしも明白ではない。
 マイア自身の独自仕様としては、基本的歌唱能力を残したまま回路をコンパクト化する事に成功している。シュメ量産機の開発・販売以後数年が経過し、更に発展した神姫関連細密技術をPF社独自ルートで取り入れた(ナナとの関係は不明)事によるものだが、前述の経緯から頭部及びボディそのものは然程小型化されておらず、出来た余剰スペースには医療活動用データバンクが増設されている。
 結果、神姫としての能力上は「歌えるブライトフェザー」が一番近いといえるだろう。
 チーム内では、チーム=メテオの専属メディックとなっており、アハトと共に行動する事が多い(そしてその役割上、前線に立つ事は少ない)が、直接の指揮系統は柚果及びユーミに属しているため、大規模な医療活動が必要な場合は後者に随伴して行動する。
 標準機のみならず、改造機やら試作機やら異端機やらオカルト機やらよくわからんものやらが犇くチームの現状に不平ひとつ言わず献身的に活動する、まじめで非の打ち所のないメディック。

DSCFA4230.jpgDSCFA4229.jpg
 昨冬のトレフェスにて入手しましたシュメッターリングMedicですが、必要なボディの入手が遅れた結果、春になってからの完成になってしまいました。
 型番やシュメッターメディック自身の基礎設定、特に開発経緯につきましては、なんとシュメッターリングMedic作者の双流さんから教えていただきましたお話を基にしております(本当にありがとうございます!)。
 さて、ブライトフェザーとして見ますと、彼女はジェイドやユーミに続く3人目なのですが、我が家にいる同タイプ機は全員何らかのカスタマイズがされています。これ、本来は元老Kさん宅のリリカさんとの差別化をも考慮していたのですが、皮肉な事に彼女も武装を改造されちゃったので、あんまり意味がなくなってしまったという…ちなみに元のヘッドについては、ユーミの替え表情になります。
 マイア自身のカスタマイズについては、あくまで「ブライトフェザーの武装組み換え」という領分にこだわってみました。スタンショッカーとフェザーブレイドの流れで、サイドスカートに見立てられるようアレンジしています。
 もし彼女にシュメ武装を用意するとしたら、多分ピンク部分をミントグリーンへとリペイントする事になるかと。

空飛ぶ朗らか巫女神姫!天羽

DSCFA3706.jpg
★天羽 飛鳥
「お参りの前には、きちんと手水舎でお清めをしてくださいねっ♪」
 あまは、と読む。カイリがお勤めしている町の鎮守にて、宮司が保有するいわば娘代わりの神姫。
 忍者兼業(笑)のカイリと違って本職巫女…いわゆる「職業神姫」であり、普段はカイリと共に主の祭事を手伝っている他、参拝に訪れるお年寄りの話し相手になったりもする(町の昔話などをよく知っているのは、そのためである)。
 主の薫陶を受けて宿った霊力により「視る」事が出来る他、相性的に霊的存在を起源とする相手に強く、焔緋女ウェンダが暴走した際に抑える事が出来る、数少ない存在。そうした事情から「普段の神姫バトル」にはほとんど出てこないが、除霊など自分の職能が絡む状況においてはこの限りではなく、むしろ積極的に関与してくる。
 チームで行動する際は、カイリや焔緋女と共に「鎮守組」または「退魔組」と呼ばれる他、同じく和モチーフを持つサチ、飛行武装繋がりでチホと特に仲がいい。その一方で、長月のヘンな言葉遣いやシェリーの力任せなフライトっぷりを若干苦手としているが、ケンカする程の事でもないため普通に対応している。
 黙っていればおしとやかに見えるが、口を開けば明るく朗らかな人柄が滲み出る、お年寄り達のアイドル的存在。趣味は「歌うこと」なのだが、声のよく似た別人と間違われやすいせいか普段は自重しており、時々ひとカラで発散している。

DSCFA3698.jpg
 2013年冬のワンフェスオフにて、縁あってDZさんからお譲りいただいたノーマルの飛鳥型です。
 店頭売りされていた当時、神姫を碌々知らなかった(改造前のナナだけはいたのですが…)がために某アニメのキャラグッズと誤認してスルーしてしまい、後年後悔する羽目になったというお恥ずかしい経緯がありましたため、これにて数年越しの念願達成となりました。DZさんには重ね重ね、感謝であります…!!
 と、そうした事情から、我が家恒例の「紅差し」以外にはこれといったカスタマイズこそされていませんでしたが…2014年に入ってから思わぬきっかけでリザーブボディを手に入れた他、冬のWFにて確保に成功したオリジナルヘッドでもって、新生を果たしました。
 詳しくはこちらにて。

母性溢れるまったりお姉さん・シーラ

DSCFA2547.jpg
★シーラ=B=イーアネイラ
 「あらあら、少し休んだ方がいいわね。ほら、こっちへいらっしゃい」
 海ドボン神姫の噂を聞いてやってきた、リペイーアネイラ型。
 本来の用途は水中戦用なのだが、チームでは実質的にユーミとタッグを組んでの救護活動や、リラクゼーションをはじめとしたサポートケアを担当する後方支援役。
 性格は一見穏やかで母性的な癒し系キャラ、内心は少々甘えん坊で可愛いものが大好き。他神姫とのスキンシップを好むが、特にSmall神姫に対しては、我を忘れてとことんまで猫っ可愛がりしてしまう傾向がある。またその大人っぽい外見に反して、ニトロヂェリーには滅法弱いらしい。
 役割をきちんとこなすため、周囲から寄せられる信頼は概して高いのだが、(彼女にとって肝心の)Small神姫たちからの評価が両極端に分かれているのは、主に上記の性癖によるところが大きいと思われる。
 ちなみにナナからは「おとな神姫」として尊敬される対象の1人となっている他、相通じる特徴を持つ(?)スイセと仲が良い。

DSCFA2543.jpg
 2013年最初の神姫は、ボークス横浜店に残されていた最後のリペイーアネイラ型。とはいえ、基本的には我が家恒例のリアルタッチマーカー作業以外、特別な事はしておりません。
 水中戦用という設定ではありますものの、ネジは在来のまま。更にパーツ点数が多い1st素体のため、まだ「海ドボン」が出来る状態ではありませんが、いずれはやってみたいですね。
プロフィール

翠騎

Author:翠騎
日々を趣味の探求に生きる旦那芸の人。

神姫オーナーとしてはパートナーのシュメッターリング3rd改「ナナ」を中心に、広く浅くやっております…といいますか、むしろナナの方が知られていたり(^^;
(その他の神姫たちはこちら
最近は30数年ぶりにガンプラ熱再燃、旧ザクアメイジング作ったりとか妖怪グレイズ置いてけだったりとか。
あと、ミニ四駆も始めたてほやほや。

もし何かございましたらこちらまで、お気軽にどうぞ!
(スパム回避のため画像になっておりますので、ご注意くださいませ)

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
ついった、やってます。
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR